会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

詩集 木洩れ日は いのちのしずく

小さいけれど、きらめき落ちるいのちのしずくを紡いで生まれた詩(うた)の本。
型番 654
販売価格 1,296円(税込)
購入数



  • 光原百合 著

  • 松永禎郎 装画・イラスト

  • 四六判 並製

  • 93ページ

  • ISBN978-4-7896-0654-7

  • Cコード:C0012

  • 女子パウロ会発行


小さいけれど、きらめき落ちるいのちのしずくを紡いで生まれた詩(うた)の本。

 顔を上げよ
 万物の息吹を全身に受け
 背筋を伸ばして歩き出せよ
           「りんりんと 冬」より

☆ この本に収められた詩の大部分は、2002年1月から2007年2月まで、月刊誌『あけぼの』に掲載されたものの抜粋です。

初版発行:2008年11月17日

もくじ


ひとつのうた−序にかえて

祈りのうたの章
  祈り
  地上(ココ)で
  八方ふさがり
  天からの借り物
  あこがれ

愛の歌の章
  ようこそ〜「風のメロディー」に載せて
  聞かせて〜「For You・・・」に寄せて
  誓い〜「流れかけの星」を受けて
  かけがえのない日に〜Happy Birthday
  大切なものは〜メリークリスマス

旅路の謳(ウタ)の章
  旅立ち
  一歩ずつ
  スキップしよう
  聖地(サンチュアリ)
  道 はるかに

森の詩(ウタ)の章
  静かな言葉
  掌(テ)
  熟成
  湖
  木洩れ日

季節の唄(ウタ)の章
  冬は贈り物の季節
  春の野
  夏の輝き
  秋のものがたり
  りんりんと 冬

師の教え−結びにかえて

あとがき

著者紹介


著者:
光原百合(みつはら ゆり)
1964年 広島県生まれ。
大阪大学大学院終了。
尾道大学芸術文化学部準教授。
詩集や絵本、童話を執筆しながら、98年、初のミステリー『時計を忘れて森へいこう』を上梓。
2002年 『十八の夏』で、第55回日本推理作家教会賞(短編部門)を受賞。

主な著作:
『道 LASTRADA』、『遠い約束』、『風の交響曲(シンフォニー)』、『最後の願い』、『銀の犬』など。
Top