会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

洗礼と水のシンボリズム〜神の国のイニシエーション〜

2007年秋の聖書講座での講演要旨を、各講師から集めたものを掲載。
型番 978-4-947668-99-8
販売価格 2,160円(税込)
購入数



2007年秋の聖書講座での講演要旨を、各講師から集めたものを掲載。

初版発行:2008年11月17日

もくじ


まえがき    小林 稔
バプテスマの元来の意味について  佐藤 研
洗礼者ヨハネから洗礼を受けるキリスト−福音書の視点から、マタイ福音書を中心に  森 一弘
父と子と聖霊の名への洗礼と神(天)の国  江川 憲
「生きた水」の意味と役割(ヨハネ四」1-42)  高柳 俊一
洗礼と教会  増田 祐志

執筆者紹介

著者紹介


執筆者:
佐藤研(さとう みがく)
1948年 生まれ。
東京外国語大学、東京大学人文科学研究科 西洋古典学専門課程専攻、ベルン大学 神学部出身。
神学博士。立教大学教授。

著書:
『聖書時代史−新約篇』(岩波現代文庫、2003年)、『福音書共観表』(岩波書店、2005年)、『知の礎−原典で読むキリスト教−』(聖公会出版、2006年)、『禅キリスト教の誕生』(岩波書店、2007年)


森一弘(もり かずひろ)
1938年 生まれ。
上智大学、ローマ・カルメル会国際神学校出身。
カトリック教会司教。

著書:
『聖書のこころを読む』(中央出版社、1994年)、『聖書における人物像』(リトン、1995年)、「疑う人は、風に吹かれて揺れ動く海の波に似ています」『思いがけない言葉』(リトン、2004年)、『聖書のことば』(平凡社、2005年)、『神の言葉としてのキリスト─ヨハネ福音書の福音的視点からの理解』リトン、2006年。「主の食卓を囲む─聖書における食事の象徴性」『主と食卓を囲む─聖書における食事の象徴性』リトン、2007年。


江川憲(えがわ けん)
1950年生まれ。ローマ教皇立聖書研究所、ローマ・グレゴリアン大学院出身。南山大学教授。

「ところであなたたちはどう思うか──マタイ21・28−32について」『アカデミア』人文・社会科学年No67、1998年。「マタイ福音書における「見る」と「聞く」」『主の恵みを見る』リトン、2000年。「マタイ福音書における食事について」『主と食卓を囲む─聖書における食事の象徴性』リトン、2007年。


高柳俊一(たかやなぎ しゅんいち)
1932年生まれ。上智大学、フォーダム大学院、ドイツ・ザンクト・ゲオルゲン神学院出身。上智大学名誉教授。

「新約聖書におけるイエスの母と教会の伝統におけるマリア」『聖書における人物像』リトン、1995年。『キリスト教神学用語辞典』日本キリスト教団出版局、2002年。「ユダの手紙──旧約伝承と説得のレトリック」『思いがけない言葉』リトン、2004年。「福音を伝えるものの足は、なんと美しいことか──使徒言行録におけるパウロの道」『心に湧き出る美しい言葉』リトン、2006年。「エマオでの二人の弟子との食事」『主と食卓を囲む─聖書における食事の象徴性』リトン、2007年。


増田祐志(ますだ まさし)
1963年生まれ。Weston Jesuit School of Theology出身。神学博士。上智大学准教授。

「キリスト論におけるナザレのイエスの位置づけ」『カトリック研究』69号2000年。「国際化における普遍教会と地域教会──ラッティンガーとカスパーの論争をめぐって──」『神の知恵と信仰──現代に生きる信仰者のための視点──』サンパウロ、2005年。「カトリック教会が教えを語るとき」『自由は域を超えて──現代キリスト教と倫理──』サンパウロ、2006年。
Top