会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

使徒パウロ〜伝道にかけた生涯 新版〜

パウロ研究の第一人者による最も信頼できる伝記的解明。
型番 978-4-400-11021-7
販売価格 2,700円(税込)
購入数



  • 佐竹明

  • 四六判 並製

  • 280ページ

  • ISBN978-4-400-11021-7

  • Cコード:C1016

  • 新教出版社


パウロ研究の第一人者が著した最も信頼できる入門的評伝。
パウロはどのような社会的・精神的な背景の下に生まれ育ったのか、そのユダヤ教からキリスト教への回心の意味とは何か、彼の信仰と思想の特徴、その宣教活動の実態はいかなるものだったのか等について、最高の歴史的厳密性を保った記述。
・1981年に出た同名のNHKブックス版の新版です。本文を読みやすく組み直し、図版を差し替え、新たに聖書個所索引を付しました。

初版発行:2008年11月15日

もくじ


はじめに

序説 パウロの史的背景
1 パウロを知る手掛り
2 生涯をたどる
3 回心以前
4 回心
5 召命・アラビア伝道
6 第一回エルサレム上京
7 アンティオキア教会での活動
8 エルサレム会議
9 第一伝道旅行
10 アンティオキアの衝突
11 第二伝道旅行
12 第三伝道旅行
13 エルサレム上京・最後
結語 エルサレムとローマとの間に立つ使徒

参考文献
あとがき
新版へのあとがき
聖書箇所索引

著者紹介


著者:
佐竹明(さたけ あきら)
1929年、東京に生まれる。
東京大学教養学部教養学科、同大学院人文科学研究所(西洋古典学専攻)を経て、1956-59年、ハイデルベルク大学、チューリヒ大学神学部に留学。
1959-62年、ハイデルベルク大学付牧師。
1963年、ハイデルベルク大学にて神学博士の学位を取得。
1963-76年、青山学院大学文学部神学科教授。
1977-90年、広島大学総合科学部教授。
1990-2004年、フェリス女学院大学教授。
1996-2004年、同大学学長。広島大学、フェリス女学院大学名誉教授。

著書:
Gemeindeordnung in der Johannesapokalypse(1966)、『ピリピ人への手紙』(1969)、『ガラテア人への手紙』(1974)、『喜びに生きる』(1976)、『新約聖書の諸問題』(1977)、『使徒パウロ』(1981)、『ヨハネの黙示録』(78、89)、『ヨハネの黙示録 序説』(2007)、Die Offenbarung des Johannes(KEK、2008)等

訳書:
E・シュヴァイツァー『新約聖書における教会像』(1968)、G・ポルシカム『パウロ』(1970)、同『新約聖書』(1972)等
Top