会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

キリストを生きる

あらためて思う 神におのれをゆだねることを―。
型番 978-4-286-17922-3
販売価格 972円(税込)
購入数



  • トマス・ア・ケンピス 著

  • 山内清海 訳

  • A6判 並製

  • 416ページ

  • ISBN978-4-286-17922-3

  • Cコード:C0014

  • 文芸社



15世紀、ケンピスにより書かれた『De imitatione Christi』は聖書に次いで最も読まれた本である。邦訳も複数回行われ、広く普及している。しかし、ラテン語の翻訳は難しく解釈も一様ではなく、また聖書研究も日進月歩で進んでおり、新たな解釈と語彙の統一が必要であるという結論に至った。勿論本書が原書の完成翻訳であるとは思ってはいない、ただ今後の研究への一助になることを切に願っている。

初版発行:2017年1月15日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに10日から2週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


解 題
  1 原著書
  2 本著の日本語訳について
  3 原著書の評価について
  4 本著の著者について
  5 本著の現代的評価
  6 本著の内容と区分
  7 翻訳書に引用されている主要略語について

第一巻 霊的生活に有益な訓戒

第二巻 内的生活に関する教訓

第三巻 内的慰めについて

第四巻 聖体の秘跡について

訳者注

訳者あとがき
  1 『デ・イミタチオネ・クリスティ』との出会い
  2 なぜ邦語の新翻訳か

著者紹介


訳者:
山内清海(やまうち きよみ)
カトリック長崎大司教区司祭(お告げのマリア修道会付き司祭)。
1935年、長崎県に生まれる。
1961年、カナダ・モントリオールでカトリック司祭に叙階。
カナダ・モントリオール大学・神学部卒業。
ローマ、教皇庁聖トマス大学(旧アンジュリクム)神学部及び哲学部卒業。
神学博士号取得、哲学博士課程後期修了(哲学修士)。
1964年以来、福岡サン・スルピス大神学院にて、哲学教授、院長を経て、長崎純心大学・長崎純心大学院教授・長崎大学非常勤講師などを経て、今日に至る。
Top