会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

一世紀一代〜二十世紀を生きたカトリック哲学者ジャン・ギトンの回想録〜

歴代教皇や各界の著名人を捉えながら回想していく自伝。
型番 978-4-8056-0469-4
販売価格 4,968円(税込)
購入数



  • ジャン・ギトン 著

  • 関根豊明/門脇一生 共訳

  • シャール・アンドレ・フロアラック 監修

  • A5判 並製

  • 672ページ

  • ISBN978-4-8056-0469-4

  • Cコード:C0016

  • サンパウロ


著者はこの訳書の書名である「一世紀一代―二十世紀を生きたカトリック哲学者ジャン・ギトンの回想録」の中で若くして哲学への道を選択しその道を極めた。とりわけ、第2バチカン公会議(1962〜65)において大きな役割を果たした。公会議の中で、彼がただ一人の在俗者として出席しスピーチを行うという異例の機会を与えられた。歴代教皇や各界の著名人を捉えながら回想していく自伝である。

初版発行:2008年12月8日

もくじ


監修者序
凡例
原著者まえがき

第一部 この世に誕生す
第二部 私の学校
第三部 ソルボンヌ
第四部 哲学者たちとの出会い
第五部 イエス
第六部 エキュメニズム
第七部 人生の中間期
第八部 私の人生のなかの公会議
第九部 曙光

訳者あとがき

著者紹介


著者:
ジャン・ギトン(Jean Guitton)
1901年 生まれ。
1999年 死去。

邦訳書:
『愛についての試論』(弥生書房、山? 庸一郎・望月 一雄訳 1983年)、『私の哲学的遺言』(株式会社新評論、二川 佳巳訳 1999年)、ほか。


訳者:
関根豊明(せきね とよあき)
1926年 生まれ。
早稲田大学大学院卒業。

訳書:
『聖ボナヴェンツゥラ 神学綱要』『聖ボナヴェントゥラ ソリロクイウム』『聖ボナヴェントゥラ マリア神学綱要』(エンデルレ書店)など。


門脇一生(かどわき かずお)
1923年 生まれ。
東京帝国大学文学部卒業。
Top