会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

カズオ・イシグロの長崎

文学の芽を育てた歴史の町。
型番 978-4-88851-291-6
販売価格 1,944円(税込)
購入数



  • 平井杏子 著

  • A5判 並製

  • 150ページ

  • ISBN978-4-88851-291-6

  • Cコード:C0023

  • 長崎文献社



カズオ・イシグロ氏はノーベル賞受賞記念スピーチで「日本と長崎」を意識していると語る。本書は長崎出身の著者が長崎との接点に迫った素顔のカズオ・イシグロ像を描く。2002年からカズオ・イシグロに注目した著者が、カズオが住んでいた長崎の町はもちろん、イギリス取材も敢行。カズオの両親が住むギルフォードの家も訪問し詳細な話を聞いた。

初版発行:2018年3月15日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1ヵ月ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


はじめに
フォトリポート ノーベル賞授賞式

第一章 生誕の地 長崎市新中川町というカズオ・イシグロの原点
第二章 家族のこと 祖父と両親の個性的な生き方
第三章 カズオ少年の長崎 そしてイギリスへ
第四章 小説のなかの長崎と日本
    1 遠い山なみの光
    2 浮世の画家
第五章 〈遠い記憶〉の残響
    1 日の名残り
    2 充たされざる者
    3 わたしたちが孤児だったころ
    4 わたしを離さないで
    5 忘れられた巨人

おわりに
カズオ・イシグロ年譜
参考文献

著者紹介


著者:
平井杏子(ひらい きょうこ)
長崎市生まれ。エッセイスト。
昭和女子大学名誉教授。専攻英文学。
Top