会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

長崎游学8 「日本二十六聖人記念館」の祈り

公式「巡礼所」総合ガイドブック
型番 978-4-88851-184-1
販売価格 1,080円(税込)
購入数



  • 長崎文献社 編

  • 日本二十六聖人記念館 監修

  • A5判 並製オールカラー

  • 77ページ

  • ISBN978-4-88851-184-1

  • Cコード:C0020

  • 長崎文献社




1962年にオープンした日本二十六聖人記念館が、2012年に開館50周年を迎えたのを機に初めて刊行された総合案内書。
記念館の展示物をつぶさに紹介し、西坂の地が公式「巡礼所」に認定された背景の歴史をわかりやすく解説。

初版発行: 2012年8月30日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1ヵ月ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


序章 はじめに−記念碑と記念館が西坂の丘に建つまで
   結城了悟「日本二十六聖人記念館建設の背景」
   デ・ルカ・デンゾ「生きた遺産としての日本二十六聖人記念館」
第1章 26人の旅−京都から長崎まで彼らが歩いた殉教の道
   禁教令から24人の捕縛へ
   二十六聖人はどんな人物か
   京都から長崎までの歩み
   運命の2月5日
   日本二十六聖人として列聖
第2章 キリスト教伝来−ザビエルは日本人に何を伝えたか
   ザビエルの日本上陸
   ザビエルの偉業の数々
   キリスト教を広めた主な修道会
第3章 受容・発展・交流−日本の視線を世界に向けさせたキリスト教
   日本での布教の系譜
   西欧から届いた文化や知識
   キリシタン大名の誕生
   少年たちをヨーロッパへ派遣
第4章 迫害・殉教−迫害はどのように行われたか
   キリスト教禁教の時代へ
   吹き荒れる受難の時代
   苛烈を極めた島原の乱
   殉教者の形見の数々
第5章 かくれキリシタン−迫害に耐え抜いた人々の情熱と執念
   かくれキリシタンとは
第6章 復光−開国した日本とキリスト教の復活
   大浦天主堂と信徒発見
   最後の迫害「浦上四番崩れ」
   受難に満ちたキリシタンの旅
   キリシタン禁制の高札廃止
第7章 キリスト教−連綿と受け継がれるイエスの教え
   キリスト教とはどんな宗教か
   キリスト教下の美術や技術
第8章 その時の世界−世界中に拡大していったキリスト教
   大航海時代の真っ只中
   東アジアの勢力
第9章 その時の日本−キリスト教で揺れ動く動乱の日本
   布教当初の日本国内
   開国、そして明治維新へ
   日本二十六聖人記念館周辺を散策してみよう!
第10章 栄光の間−自然と頭が下がる厳かな空間
   二十六聖人の殉教とは
   聖母に見守られ静かに眠る
   日本二十六聖人記念館50周年記念式典
終章 美の聖人たち−記念館に光の息吹を与えたふたりの芸術家
   舟越保武
   今井兼次
   二十六聖人が歩んだ長崎への道のり

おすすめ商品


修道院の風

1,188円(税込)


わらい じぞう

1,296円(税込)


木彫聖母子 20N 10323

26,000円(税込)


Top