会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

モンテッソーリ教育の実践理論〜カリフォルニア・レクチュア〜

モンテッソーリ教育の創始者マリア・モンテッソーリが、アメリカのカリフォルニアにおいて 1915年5月から9月までに講義した内容をまとめた本。
型番 978-4-8056-8605-8
販売価格 2,916円(税込)
在庫数 SOLD OUT
SOLD OUT


  • マリア・モンテッソーリ 著

  • クラウス・ルーメルS.J.、江島正子 共訳

  • B6判 並製

  • 472ページ

  • ISBN978-4-8056-8605-8

  • Cコード:C0016

  • サンパウロ


整えられた環境構成の中で、手で触れるモンテッソーリ教具を自由に用いることによって、子どもたちを教育するモンテッソーリ教育は、現在、世界中で人気があり、幅広く知られた教育メソッドとなっている。本書は、モンテッソーリ教育の創始者マリア・モンテッソーリが、アメリカのカリフォルニアにおいて 1915年5月から9月までに講義した内容をまとめたものである。この講義でモンテッソーリは、彼女の教育メソッドの0歳から8歳までの子どもたちについて語り、「子どもの家」における環境や、その教具の実践理論を述べ、重要なガイドラインを示している。

初版発行:2010年5月17日

もくじ


序文
日本の読者のみなさまに
1 モンテッソーリ・メソッドの歴史と発達
2 モンテッソーリ教具の特徴
3・4 子どもの社会的解放
5 身体・知性・道徳の発達に対する子どもの権利
6 教具の組織化と子どもの知性の自発的発達
7 幼児の内在的想像力を基底ににした教育
8 想像力
9 マリア・モンテッソーリによる科学的教師「新しい教師像1」
10 マリア・モンテッソーリによる科学的教師「新しい教師像2」
11 モンテッソーリの算数の教え方
12 子どもの心身発達
13 子どもの心的(精神的)発達は身体的発達と並行する
14 身体的理解は子どもの心の発達を助ける
15 社会環境と子どもの発達
16 身体の発達測定は子どもの心の発達を理解する助けになる
17 心理教育学による心身検査票
18 手を使う教具と子どもの心の発達
19 心身の自由と子どもの心の発達
20 発達学習の生物学
21 発達学習としての感覚教育
22 発達学習と感覚教具
23 困難性の孤立化と子どもの心の発達
24 感覚教育と子どもの発達学習
25 運動と子どもの心的発達
26 間違いの訂正と子どもの心的発達
27 日常生活の練習と子どもの心的発達
28 人間の感覚と子どもの心的発達
29 集中の固定化と子どもの心的発達
おわりに

著者紹介


訳者紹介:
クラウス・ルーメル(klaus Luhmer,S.J.)
1916年 ドイツ・ケルン生まれ。
1935年 ボンの国立ベートーベン・ギムナジウム高等学校を卒業後、イエズス会に入会。
1937年 来日。1945年7月、広島で司祭に叙階される。
1945年8月6日 広島で被爆。アメリカ・デトロイト大学大学院修了。
1960年 モンテッソーリ教育に関わる。
1977年 日本モンテッソーリ協会会長・理事長。
現在、上智大学名誉教授、日本モンテッソーリ協会名誉会長・理事長、NPO東京モンテッソーリ教師トレーニングセンターコース長講師。


江島正子(えじま まさこ)
1940年 生まれ。
上智大学卒業後、ドイツ・ケルン大学、イギリス・ロンドン大学 Dr.Phil.
星美学園短大助教授、関東学園大学教授を経て、
現在、明和学園短期大学教授、上智モンテッソーリ教員養成コース講師、東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター講師、信望愛学園モンテッソーリ教師養成コース講師、長崎純心大学モンテッソーリ講師、小百合モンテッソーリ学園、小百合幼稚園園長。
Top