会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

小さい花のテレジア

 ばらの聖女と親しまれ、愛されているリジューのテレジアの一生。小学校中級以上向けです。
型番 11
販売価格 1,296円(税込)
購入数



  • 蛯名啓

  • 石倉淳一 絵

  • A5判 上製

  • 148ページ

  • ISBN978-4-7896-0011-8

  • Cコード:C8023

  • 女子パウロ会発行



 世界中の教会では、毎年10月1日を、小さい花のテレジアの記念日としてお祝いをします。
小さい花のテレジアは、今からおよそ100年前(1873年)、フランスに生まれました。そして24歳のわかさで亡くなるまで、ほんとうに小さい花のように、ほとんど人に知られず、ひっそりと一生を過ごしました。

ばらの聖女と親しまれ、愛されているリジューのテレジアの一生。感じやすく、からだが弱かったこの少女の、神さまと人々への愛は、だれにも負けないくらい強いものでした。神さまだけに知られることに満足していたテレジアに、神さまはどのようにお答えになったのでしょうか。

小学校中級以上向けです。

もくじ



  1. 白い小さな花
    ひみつ,小さな花のたんじょう,マルタン家の人びと,死なないで!,元気なおちびちゃん,愛の花たば,天国で会いましょう

  2. ビュイソンネ
    新しい家,ビュイソンネの日々,わたしの王さま,考えます 神さまのことを,あらしの夜,初聖体,苦しみのはて

  3. 第2のたんじょう
    最初の子ども,カルメル会にいれてください,イタリアへ,神さまがお望みなら,あと3か月,おわかれ

  4. 天国への道
    カルメル会,おささげ,小さな道,ほほえみのベール,ばらの天をふらせましょう,愛の勝利


著者紹介


著者:
蛯名啓(えびな ひろ)
盛岡に生まれる。
岩手大学卒業。
聖パウロ女子修道会会員。

主な作品:
『いちばんはじめのクリスマス』(女子パウロ会)


画家:
石倉淳一(いしくら じゅんいち)
1954年 札幌に生まれる。
獨協大学卒業。
現在、フリーのイラストレーターとして、雑誌、単行本にマンガ、イラストなどを描いている。

主な作品:
『聖書を生きる』、『うれしいクリスマス』(女子パウロ会)。
Top