会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

わたしが経験した魂のストーリー

日野原重明氏が、日本基督教団玉川平安教会の特別伝道礼拝において、ご自身の体験をもとに信仰を証しされたお話を、一冊にまとめたものです。
型番 4-906401-65-1
販売価格 1,404円(税込)
在庫数 SOLD OUT
SOLD OUT


  • 日野原重明

  • 四六判 並製

  • 224ページ

  • ISBN4-906401-65-1

  • Cコード:C0016

  • キリスト教視聴覚センター(AVACO)


文化勲章受章者の日野原重明氏が、1994年から2002年まで毎年1回、日本基督教団玉川平安教会の特別伝道礼拝において、ご自身の体験をもとに信仰を証しされたお話を、一冊にまとめたものです。
キリスト信者でない方に向けて話されていますので、キリスト教を知らない方も、どなたにでも読んでいただける本です。プレゼントにもおすすめします。

初版発行:2005年12月20日

もくじ


まえがき
病むこと、生きること
「試練」の意味
癒されるいのちとは
生きる意味の問いかけの応答
真のいのちは人生のどこで与えられるか
どんな時にも人生には意義がある
いのちの循環
いのちを見つめて
希望に生きる人
あとがきにかえて

著者紹介


著者:
日野原重明(ひのはら しげあき)
1911年、山口県生まれ。
京都帝国大学医学部卒業、同大学院修了。
1941年に聖路加国際病院の内科医となり、内科医長、院長を歴任し、同病院理事長・名誉院長、聖路加看護大学名誉学長、(財)ライフ・プランニング・センター理事長。
文化功労者、文化勲章受章。

著書:
『生きかた上手』(ユーリーグ)
『私が人生の旅で学んだこと』(集英社)
『あるがまま行く』(朝日新聞社)
『100歳になるための100の方法』(文藝春秋)
『病むこと みとること』(日本キリスト教団出版局)など、著書多数。
Top