会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

こころの巡礼〜歳時記と歩む〜

日本人でありつつキリスト教信仰を生きるとは……。
型番 4-902211-15-7
販売価格 1,296円(税込)
購入数



  • 山岡三治 著

  • 四六判 並製

  • 182ページ

  • ISBN4-902211-15-7

  • Cコード:C3016

  • 教友社


日本人でありつつキリスト教信仰を生きるとは−。雑誌『福音宣教』に連載された「歳時記と歩む」を中心に、日本人とキリスト教、福音の文化内開花(インカルチュレーション)などをテーマにしたエッセイ、論考、聖句随想を収録。著者は、イエズス会司祭で上智大学副学長。

2005年12月19日 初版発行

もくじ


まえがき
第一章 歳時記と歩む
 除夜の鐘と初詣─一月
 春を告げる季節─二月
 雛祭り─三月
 合格の風景と桜の花─四月
 新緑と「母の日」─五月
 梅雨と永遠─六月
 百合と雷─七月
 夏に見える季節感と信仰─八月・九月
 秋の実り─十月
 旅立ち─十一月
 行く年来る年─十二月
第二章 キリストへの道
 問いながら問われるキリストへの道
 巡礼の歩みと私たちの人生
 イエズス会の養成
第三章 信仰と出会い
 現代日本の霊性
 みことばの黙想
 私のクリスマス、私たちのクリスマス
 諸宗教対話の「コペルニクス的転回」
 中国と私
 心に残るクリスマス
あとがき
初出一覧

著者紹介


著者:
山岡三治(やまおか さんじ)
1948年生まれ。カトリック司祭(イエズス会士)。
上智大学副学長。同大学神学部教授。神学博士。

主な著書:
『カトリック教会の説教』(キリスト新聞社、2005年)、富坂キリスト教センター編『現代世界における霊性と倫理』(行路社、2004年)、佐久間 勤編『キリスト教の神学と霊性』(サンパウロ、1999年)
Top