会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

あなたに話したい

本書は、高円寺教会赴任一年で84人の受洗者を出した晴佐久神父の一年間にわたる説教を収めたものです。
型番 4-902211-12-2
販売価格 1,944円(税込)
購入数



  • 晴佐久昌英

  • A5判 並製

  • 344ページ

  • ISBN4-902211-12-2

  • Cコード:C3016

  • 教友社


「今ここに救いがある」
本書は、高円寺教会赴任一年で84人の受洗者を出した晴佐久神父の一年間にわたる説教を収めたものです。
「晴佐久神父説教集」の第一弾。読み手に希望と平安を与える福音のメッセージ。

もくじ


ミサを信じれば
負けてなるものか
これを握りしめて放すな
愛とは自分を削ること
安心して病気になれる
生まれ出た先は
生涯最初の十字のしるし
忘れちゃいけないこと
赤いストラをかけた者として
厚い雲の向こうに
信者でなく、弟子を
いとおしくて、ほっとけない
百万個のトマト
穴の底で天を仰ぎ
ちゃんと浮世離れしましょう
永遠のろうそく行列
わが心のうちなる無人島
抱き合っておいおい泣いた
ぽっきり折れた十字架
片手を失っても
人が一人でいるのはよくない
来てくださって本当にうれしい
誰もが聖人になるべきです
壁をこわしてみたら
ほーらね、生まれたでしょ
永遠にさようなら〜〜〜
おい天使、そこにいるんだろ
私を王にしないでください
僕の中に純粋な愛はあるか?
まっすぐに「大丈夫だよ」
信じて会いに出かければ
今日、この夜、あなたのために
あなたも家族になりませんか
本気で掘り起こしてほしい
永遠の火をともされて
カナのワインを一杯ください
今、ここにある救い
私は我慢する
強さの弱さ、弱さの強さ
主がおとずれる人の顔は輝く
いいのよ、遅れても
ようこそ、信じる者の集いへ
本国に帰るまで
もう春なのです
あの痛い映画の秘密
ほら、もうすぐ洗礼式ですよ
聖週間を宣言いたします
「信じます」とひとこと言えば
あとがき

著者紹介


著者:
晴佐久昌英(はれさく まさひで)
1957年 東京に生まれる。
1987年 司祭叙階。現在 カトリック多摩教会で司牧。若者たちの指導や映画の評論など広い分野で活躍中。

主な著書:
「みんなでうたうクリスマス」、『おいでよ』、『星言葉』、『だいじょうぶだよ』(女子パウロ会)、『恵みのとき』(サンマーク出版)、『希望はここにある』、『わたしは救われた』(教友社)。
Top