会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

香部屋係のハンドブック〜主よ、どこに過越の準備を〜

香部屋係の信徒のためのハンドブック!
型番 4-902211-09-2
販売価格 1,404円(税込)
在庫数 SOLD OUT
SOLD OUT


  • 白浜満、齊藤賀壽子 共著

  • 高崎紀子 イラスト

  • A5判 並製

  • 122ページ

  • ISBN4-902211-09-2

  • Cコード:C3016

  • 教友社


※秘跡 聖体関連
「カトリック新聞」に連載された白浜満神父の記事と、長年、香部屋係として奉仕に務められた齊藤賀壽子さんの体験メモがひとつになった本です。ふんだんにイラストが入り、さらに理解を助けてくれます。

毎日ミサで使われているさまざまな聖具の名前だけでなく、起源や用途までよくわかり、ミサをもっと身近に、楽しくしてくれる一冊です。

もくじ


推薦のことば
まえがき
第一章 予備知識
 1-香部屋係とは
 2-典礼の感覚性
  A:典礼を行う場所
  B:典礼で用いる祭具
  C:典礼で用いる祭服
 3-典礼の周期性(典礼暦年)

第二章 日常の配慮
 1-典礼備品の購入
 2-聖水の準備
 3-ろうそくの準備
 4-香・香炉の準備
 5-生け花の準備
第三章 通常のミサの準備
 1-祭服の準備
 2-朗読台布・聖櫃布の取り替え
 3-朗読聖書の準備
 4-祭具の準備
第四章 季節の典礼の準備
 1-待降節
 2-主の降誕
 3-四旬節
 4-聖なる過越の三日間と復活節
第五章 種々の祭儀に必要な準備
 1-成人のキリスト教入信式
 2-幼児洗礼式
 3-ゆるしの秘跡
 4-結婚式
 5-病者の塗油
 6-通夜・葬儀
 7-聖体賛美式
 8-その他の儀式
第六章 洗濯と管理
 1-聖布の洗濯とアイロンがけ
 2-祭壇布・祭具台布類の洗濯と管理
 3-祭服の洗濯と管理
第七章 典礼と奉仕
 1-典礼とは
 2-典礼の挙行者・奉仕者
 3-典礼奉仕の心
引用・参考文献
あとがき

著者紹介


著者:
白浜満(しらはま みつる)
1962年5月20日、長崎県五島生まれ。
1990年3月、福岡サン・スルピス大神学院卒業、司祭叙階。
1990年8月〜1991年8月、モントリオール大神学院でフランス語を学ぶ。
1991年10月〜1995年3月 パリ・カトリック学院(Institut Catholique de Paris)の典礼高等研究所(Institut Superieur de Liturgie)で典礼・秘跡神学を専攻し、修士号取得。
1993年1月、サン・スルピス司祭会に入会。
1995年4月〜現在 福岡サン・スルピス大神学院に着任。典礼学担当。
1995年9月〜現在 日本カトリック典礼委員会の委員。
2001年4月〜現在 東京カトリック神学院の典礼学講師。
著書
景山 あき子他共著『カトリックの信仰生活がわかる本』(女子パウロ会)『岩波キリスト教辞典』(岩波書店)の典礼分野の数項目を執筆担当。

齊藤 賀壽子(さいとう かずこ)
兵庫県生まれ。
1949年から教員生活(宗教・農業)を送りながら、公会議後は小教区の宣教司牧に奉仕する。
1972〜1985年、よりよき世界運動(MBW)推進グループチームとして教会に奉仕。
1973〜1981年までの間、東京関口小教区宣教司牧奉仕、東京大司教区聖マリア大聖堂香部屋、東京大司教館、カトリック中央協議会にて勤務。
1989年、カトリック福岡黙想の家勤務(典礼担当)。その後も典礼の奉仕を続けている。
現在、養護老人ホーム 聖母園在。御受難修道会ファミリーメンバー。
Top