会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

CONSCIENCE AND PERSONALITY

倫理思想のキーワードでもある Conscienceと「良心」の意味領域の違いを明らかにし、異文化間の深い相互理解を現実のものとする。
型番 4-902211-03-3
販売価格 4,629円(税込)
購入数



  • 竹内修一

  • A5判変型 上製

  • 244ページ

  • ISBN4-902211-03-3

  • Cコード:C3016

  • 教友社


著者が米国・バークレー・イエズス会神学大学院に提出した博士論文(英文、2002年)。倫理思想のキーワードでもある Conscienceと「良心」の意味領域の違いを明らかにし、異文化間の深い相互理解を現実のものとする。日本語の「良心」は、キリスト教独自のメッセージを通してさらに豊かな内容を生み出し、そこにおいてキリスト教のインカルチュレーション(文化内開花)の可能性を見いだすことができると説く。同時に、西洋に向けた優れた日本的倫理思想の解説でもある。

もくじ


FOREWORD
PREFACE
ACKNOWLEDGMENTS
ABBREVIATIONS

CHAPTER ONE: The Traditional Understanding of Conscience
1. Individuality and Communality
2. Conscience in Scripture
3. Theological Development: Thomas Aquinas and the Thomistic tradition

CHAPTER TWO: Ryoshin (良心) or Conscience as Society
4. Ch'eng (誠 : Sincerity): Influence of Confucianism in China
5. Makoto (誠 : Sincerity): Development in Japan

CHAPTER THREE: Post Vatican II Approach to Conscience: The Contribution of Josef Fuchs
6. Basic Premises for a Moral Theology according to Vatican II
7. Freedom as the Basis of Self-Cultivation
8. Fuchs' Moral Vision: A Fundamentally Human Morality
9. Discernment: Formation of the Conscience

CHAPTER FOUR: Re-examination of Ryoshin in Japan
10. Ryoshin as Sitz im Leben
11. Ryoshin as Relationship: Transcendence and Embodiment
12. Three Aspects of Makoto
13. Ryoshin and Evangelization

CONCLUSION

GLOSSARY
BIBLIOGRAPHY

著者紹介


著者:
竹内 修一(たけうち おさむ)
1958年生まれ
1996年司祭叙階(イエズス会)
2002年から上智大学で倫理神学担当
Top