会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

笑いの神学

心から笑える人は幸い! 信仰とユーモアの関係を徹底的に分析する─。
型番 4-88216-084-6
販売価格 540円(税込)
購入数



  • リチャード・コート 著

  • 木鎌安雄 訳

  • 文庫 並製

  • 174ページ

  • ISBN4-88216-084-6

  • Cコード:C0195

  • 聖母の騎士社


心から笑える人は幸い!
信仰とユーモアの関係を徹底的に分析する。

イエス・キリストは笑わなかったのか。これまであまり取り上げられなかったテーマ「神学とユーモア」を、アメリカ人神父が説き明かす。・・・・・キリスト者は、だんだんと笑いの必要性を再発見してきています。それは、おそらく、今日の世界に、笑いがほとんどないからかもしれません。または、神にユーモアのセンスがあるとわかってきたからかもしれません。理由はどうであれ、笑いは、人間の精神に必ず自由を与えます。(「はじめに」より)

初版発行日:1992年2月29日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


序文
著者のことば
はじめに
第一章 今日の世界で笑いは可能か
第二章 イエスは笑わなかった
第三章 歓喜を求めて
第四章 神の笑いの人間的側面
第五章 神のユーモアセンス
第六章 笑いの神学
第七章 キリスト教的か卑俗的か
第八章 日常の信仰における笑い
第九章 笑う勇気

訳者あとがき

著者紹介


訳者:
木鎌安雄(きかま・やすお)
1932年 東京生まれ。
上智大学卒業。
英知大学教授。

著書:
『評伝トーマス・マートン』(ドン・ボスコ社)

訳書:
マローニィ『神のいぶき』(あかし書房)他。
Top