会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

使徒的勧告 和解とゆるし〜教皇ヨハネ・パウロ二世使徒的勧告〜

教会はつねに「和解」と「ゆるし」について語り、招き続けるべきであると強調し、和解の手段としての「要理教育」と「秘跡」の重要性を述べています。
型番 4-87750-104-5
販売価格 1,296円(税込)
購入数



  • 教皇ヨハネ・パウロ鏡

  • カトリック中央協議会出版部 訳

  • B6判 並製

  • 168ページ

  • ISBN4-87750-104-5

  • Cコード:C0016

  • カトリック中央協議会


痛ましい争いと分裂を抱えている現代社会とそこに生きるすべての人々に対し、教会はつねに「和解」と「ゆるし」について語り、招き続けるべきであると強調し、和解の手段としての「要理教育」と「秘跡」の重要性を述べています。

原文の発表年月日:1984年12月2日

もくじ


序文
本勧告の由来と意味
第I部 回心と和解―教会の任務と責任―
第1章
和解のたとえ話
第2章 和解の源泉
第3章 神のイニシアティヴと教会の奉仕職
第II部 罪にまさる愛
第1章 罪の秘密の力
第2章 「信心の秘められた真理」
第III部 ゆるしと和解のための司牧的奉仕職
第1章 ゆるしと和解の促進―その方法と手段―
第2章 ゆるしと和解の秘跡
結び 希望の表明
Top