会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

典礼奉仕への招き 第2版―ミサ・集会祭儀での役割―

すべての信者は、典礼奉仕に招かれています。その典礼奉仕の役割を正しく理解し、実践するためのポイントがわかりやすくまとめらた一冊です。
型番 978-4-87232-095-4
販売価格 1,620円(税込)
購入数



  • オリエンス宗教研究所 編

  • B6判 並製

  • 224ページ

  • ISBN978-4-87232-095-4

  • Cコード:C0016

  • オリエンス宗教研究


すべての信者が招かれている典礼奉仕の役割を理解し、実践するためのポイントをまとめました。祭壇奉仕や聖体奉仕ばかりでなく、障害をもつ方や高齢者、外国籍の信者の方とともに典礼をささげる場合、子どもの信仰教育とミサとの結びつき、「司祭不在のときの主日の集会祭儀」などについてもわかりやすく解説。終身助祭の現場での姿や、司祭が不在の際の実践例も紹介しています。教会委員や典礼委員のテキストとしてもご活用ください。

このたび刊行された第2版では、日本カトリック典礼委員会編『カトリック儀式書 ミサ以外のときの聖体拝領と聖体礼拝』改訂新版、日本カトリック司教協議会著『日本におけるミサ中の聖体拝領の方法に関する指針』、および『新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所 2015年11月29日(待降節第一主日)からの実施に向けて』に基づいた内容に変更されています。また、第二バチカン公会議の『典礼憲章』『教会憲章』の本文引用がある箇所は、あらたに刊行された『第二バチカン公会議文書』改訂公式訳に準拠しています。

初版発行:2005年1月10日
第2版発行:2016年6月10日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに10日から2週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


序にかえて―みことばと奉仕

機,箸發砲気気欧襪燭瓩
第1章 典礼とわたしたちの役割
  1 典礼そのものが奉仕
  2 キリストが祈り、ささげておられる
  3 祭司としての神の民
  4 教会の歴史の中で
  5 だれもが祭司

第2章 集会づくりと進行のための奉仕
  1 案内係
  2 進行案内役
  3 先唱者
  4 聖歌隊と楽器奏者
  5 献金に関する奉仕

   Q&A 1 「信者」と「信徒」
      2 「祭司」と「司祭」

第3章 障害者・高齢者とともに
  1 典礼と日常性
  2 一体化ということ
  3 話しかけることの大切さ
  4 障害に応じて

第4章 外国籍の信者とともに
  1 増え続ける外国籍信者
  2 だれもが参加できるミサの環境を
  3 文化の違いの意味
  4 ミサを計画する際に
  5 ミサの実践と可能性

第5章 子どもたちとともに
  1 典礼はおとなのために作られている
  2 子どもの発達段階に応じたくふう
  3 典礼における信仰教育
  4 主の食卓を囲む喜びを
  5 待者養成のポイント

供〇鼎┨腓Δ燭瓩
第6章 朗読奉仕と聖歌奉仕
  1 聖書朗読の大切さ
  2 朗読の際の心得
  3 朗読の間の歌(答唱詩編・アレルヤ唱/詠唱)
  4 詩編唱者と会衆の心構え
  5 行列のときの賛歌

   Q&A 3 A年、B年、C年とは
      4 典礼暦年のしくみ

第7章 共同祈願に関する奉仕
  1 すべての人のための祈り
  2 共同祈願の始まり
  3 共同祈願の意向―『聖書と典礼』の試み
  4 各意向に関する留意点

第8章 祭壇奉仕
  1 祭壇奉仕とは
  2 祭壇奉仕者の役割

第9章 聖体奉仕
  1 ミサの中での聖体奉仕
  2 病人の聖体拝領のための奉仕

第10章 司祭不在のときの主日の集会祭儀
  1 主の日
  2 「集会祭儀指針」発表までの歩み
  3 「集会祭儀指針」が大切にすること
  4 残されている課題

コラム―集会祭儀、さまざまな試み
  1 共同宣教司牧の中で―大阪教区の場合
  2 信徒の共同奉仕として―札幌教区の場合
  3 終身助祭と集会祭儀―那覇教区の場合

エピローグ―生活の中での奉仕

共同祈願意向例文集
参考文献
索引―こんなときには?

著者紹介


執筆者―執筆順、()内は執筆担当箇所

ムケンゲシャイ・マタタ(序にかえて)
淳心会司祭

石井祥裕(第1章、第2章、第6章、第7章、Q&A1〜4)
上智大学講師、『聖書と典礼』編集長

橋本宗明(第3章)
社会福祉法人ぶどうの木・ロゴス点字図書館理事

アドルフォ・ニコラス(第4章)
イエズス会総長

紙崎新一(第5章)
長崎教区司祭、長崎教区元信仰教育委員会委員

幸田和生(第8章、第9章)
東京教区補佐司教

小田武彦(第10章)
大阪教区司祭、聖マリアンナ医科大学特任教授

井上玖美子(第10章コラム1)
大阪教区信徒(梅田ブロック)

佐藤章(第10章コラム2)
札幌教区信徒(苫小牧地区室蘭ブロック)

新垣宗堅(第10章コラム3)
那覇教区終身助祭

佐藤初女(エピローグ)
元仙台教区信徒、「森のイスキア」主宰、2016年帰天
Top