3月30日(木)から4月2日(日)まで棚卸のため、誠に勝手ながら休業させていただきます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

死から命へ〜体験のなかに福音の光を探し求めて〜

キリスト教を理解し生きようとする人にお勧めします。
型番 4-87013-822-0
販売価格 1,296円(税込)
購入数



  • 岡田武夫

  • B6判 上製

  • 226ページ

  • ISBN4-87013-822-0

  • Cコード:C1016

  • あかし書房


福音宣教はキリストを宣べ伝えること、キリストの心を伝えることに他なりません。
その際、できるだけ平易で日常的な表現を用いなければなりません。
この本はできるだけ神学用語や聖書の引用を最小限にとどめ、日常的なことばで実質的に、同じ福音の内容を表現するように努めています。キリスト秘義、特に受肉と過ぎ越しの秘義を、借り物でない自分のことばで表現しています。
キリスト教を理解し生きようとする人にお勧めします。

もくじ


第1章 「死ぬこと」と「生きること」
1 わかれる
2 迷惑をかける
3 思いを深める
4 「死ぬこと」と「生きること」
第2章 「受け容れられる」ということ
1 「受け容れられる」ということ
2 好かれる人・嫌われる人
3 ありのままの「わたし」をあらわす
第3章 「きく」ということ
1 選択してきく
2 ききわける
3 よろこぶ人と共に
4 調子を合わせる
5 きき上手になる
6 自分で気がつく
7 ききながす
第4章 「わかる」ということ
I「わかる」ということ
2 ユーモアを解する
2 「よさ」がわかる
II ひとを理解する
1 「崖」の主人公の場合
2 「四角な船」の主人公の場合
3 姑殺しの 女性受刑者の場合
4 ある長期療養者の場合
III「しる」と「わかる」と「信じる」
第5章 人と人のつながり
1 人類の歴史の2つの流れ
2 恵みの系譜
3 平和の祈り
4「自分になりきる」ということ
5 「ひとつになる」ということ
第6章 「霊」と「風」と「気」
1 「風」と「雰囲気」
2 「気」
3 「気」と「心」
4 人間を活かす「気」
5 人と人の間にある「気」
6 「気は心」
7 悪い「気」と良い「気」
第7章 「裁き」について
1 「藪」の中
2 善玉と悪玉
3 罰があたる
4 神の怒り
5 「おぎん」
6 「地獄におちる」
第8章 救いの宴への招き
1 「肉」となったみことば(降誕祭の説教)
付 クリスマスは、わたしたちの誕生祝い
2 挫かれることのないいつくしみ
3 「キリストの香りとなる」(復活祭の説教)

著者紹介


著者:
岡田武夫(おかだ たけお)
東京教区大司教
1941年千葉県市原市に生まる。
1966年東京大学法学部卒業
1973年司祭に叙階される。
1991年浦和教区の司教に叙階される。
1998年から2000年カトリック中央協議会事務局長の任務に従事する。
2000年東京教区大司教に就任する。

主著:
『宴への旅』『死から命へ』(あかし書房)
『信仰の喜びを伝えるために』(女子パウロ会)
『福音宣教』(オリエンス宗教研究所)

関連商品


Top