会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

いのちのわかちあい〜主日の聖書黙想B年〜

貧しく虐げられた者のために、人生を賭して「解放の神学」を提唱したペルーの司祭グティエレスの黙想集。
型番 4-8184-0620-1
販売価格 3,024円(税込)
購入数



  • グスタボ・グティエレス 著

  • 林巌雄 訳

  • A5判 並製

  • 176ページ

  • ISBN4-8184-0620-1

  • Cコード:C0016

  • 日本キリスト教団出版局


貧しく虐げられた者のために、人生を賭して「解放の神学」を提唱したペルーの司祭グティエレスが、「改訂共通聖書日課」に基づき聖書を読み解いた黙想集。御言葉が豊かに響き合い、導かれるメッセージの深い問いかけに、キリスト者として生きる姿勢の見直しを迫られる。

初版発行日:2006年6月25日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


推薦の言葉
本書の用い方
序文

待降節
降誕節
四旬節
聖週間
復活節
年間主日

訳者のあとがき
聖句総索引

著者紹介


著者:
グスタボ・グティエレス
1928年 ペルーに生まれる。
ラテン・アメリカの解放の神学者。
圧倒的な不正義と抑圧のもとで苦しむ人びとを目の前にして、キリスト者として、また神学者としてこの問題に取り組み、各地にキリスト教基礎共同体を設立。
また解放の神学を提唱。


訳者:
林巌雄(はやし いわお)
1960年 福岡県に生まれる。
京都大学農学部中退。
同社社大学神学部卒業。同大学院進学研究科博士課程前期修了(聖書神学専攻)。
日本ルーテル神学校総業。
現在は、日本基督教団蒲田教会牧師。ペルー人教会牧師。明治学院高等学校非常勤講師。
Top