会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

聖霊とエウカリスチア〜ラニエロ・カンタラメッサ講話〜

2005年5月8日から3日間、尼崎で開催された「カトリック聖霊による刷新 関西大会」でのカンタラメッサ神父の講話集
型番 4-8056-4821-X
販売価格 918円(税込)
購入数



  • ラニエロ・カンタラメッサ 著

  • 澤田和夫

  • A5判 並製

  • 104ページ

  • ISBN4-8056-4821-X

  • Cコード:C0016

  • サンパウロ


2005年5月8日から3日間、尼崎で開催された「カトリック聖霊による刷新 関西大会」でのカンタラメッサ神父の講話集。聖霊についての正しい信仰理解のための必読の書。同師は今回の講話で、自らが聖霊刷新にかかわるまでの拒絶から困惑、驚きと決意、喜びへの体験の経緯を、ユーモアをまじえて「告白」しながら、聖霊と聖体への信仰の恵みの偉大さを、熱意を込め、分かりやすく説いてくれる。
2005年12月20日 初版発行

もくじ


機^貽韻論士遒頬たされた
供\士遒寮礼に必要な回心
 1.自分の罪を認める
 2.罪を悔い改める
 3.もう罪を犯さないという決心
 4.第四段階は、罪を滅ぼす
 5.最後の段階は喜びと幸せです
掘\士遒寮礼.
検\士邱瀘廚侶辰澆鯊慮海垢
后〔塗られた者
ミサ中の説教
2005年5月8日主の昇天A年
2005年5月9日のミサ 2005年5月10日のミサ
あとがき

著者紹介


著者:
ラニエロ・カンタラメッサ(Fr.Raniero Cantalamessa,OFM Cap)
1935年に生まれる。
1958年 司祭叙階。
カプチン・フランシスコ修道会司祭。
元ミラノ大学宗教学部長、初代教会史教授。
1980年に教皇庁の説教師に任命され、現在に至る。
主日のミサの聖書のことばを毎日イタリアのテレビで解説している。
邦訳著書:『ミサと聖体』(聖母の騎士)、『キリストにおける生活』(サンパウロ)

訳者:
澤田和夫(さわだ かずお)
1919年に生まれる。
東京教区司祭。
著書:『トマス・アクィナス研究』(南窓社)、『キリストを待つ』『信仰の祈りへの招き』(あかし書房)、『詩のように歌のように』(聖母の騎士)など多数。
Top