会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

コルベ神父〜友のためにささげたいのち〜

 ナチに非協力であるという理由で逮捕され、アウシュビッツの強制収容所に送られ、やがて一人の死刑囚の身代わりとなって死んだコルベ神父の生涯。
型番 139
販売価格 1,296円(税込)
購入数



  • 千葉茂樹


  • 矢車涼

  • A5判 上製

  • 184ページ

  • ISBN978-4-7896-0139-9

  • Cコード:C8023

  • 女子パウロ会発行



ナチに非協力であるという理由で逮捕され、アウシュビッツの強制収容所に送られ、やがて一人の死刑囚の身代わりとなって死んだコルベ神父の生涯。

コルベ神父は、戦前1930年から36年まで、日本で宣教活動をした、日本ともなじみの深い聖人です。
コルベ神父の生涯は、私たちに、「愛とはなにか」、そして「戦争と平和」についてといかけます。
今でも世界の各地で、紛争が続いています。愛と平和を考えるために、多くの子どもたちに読んでもらいたい一冊です。

小学校中級以上向けです。

全国学校図書館協議会選定図書

もくじ


はじめの章 ローマ教皇とコルベ神父
第1章 幼年時代:
 1.ポーランドの片田舎で
 2.三人の兄弟
 3.母のライモンドゆめ
 4.小鳥と話す聖フランシスコ
 5.神さまのみちびき
 6.天国までの距離
 7.もっと高くのぼろう
第2章 聖母の騎士たち:
 1.ローマの七年間
 2.神さまの道具
 3.おかしな修道士ゼノさん
 4.ニエポカラノフ・聖母の町
 5.もっとデッカイ希望
第3章 日本での働き:
 1.マリアさまの雑誌
 2.貧乏もささげもの
 3.コルベ神父と会った人びと
 4.苦しみとめぐみと
 5.神はどこにいるのか
 6.残されたもの
第4章 天国への道:
 1.ヒトラーとの戦い
 2.アウシュビッツ強制収容所
 3.夏の日の出来事
 4.地下牢の二週間
 5.二つの冠
終わりの章:
 ◇ 奇跡の生存者
 ◇ 平和をつくる人
あとがき

著者紹介


著者:
千葉茂樹(ちば しげき)
1933年 福島に生まれる。
1955年 日本大学芸術学部映画学科卒業。
脚本家としてデビュー後、劇映画、テレビ、教育短編など多方面で脚本、演出活動を続ける。
現在、近代映画協会、日本シナリオ作家協会に所属。日本映画学校専任講師。

映画の主な受賞作品:
「マザー・テレサとその世界」、「アウシュビッツ愛の奇蹟」、「アンデスの嶺のもとに」。

主な著書:
『マザー・テレサとその世界』(女子パウロ会)。
Top