会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

母の遺言

この道で「本物を生きる」とはどういうことかを、日本人としての原風景の中で追求し、生き、歩んできた著者が、折々につづる信仰エッセイ。
型番 604
販売価格 1,296円(税込)
購入数



  • 桜井彦孝 著

  • 四六判 並製

  • 176ページ

  • ISBN978-4-7896-0604-2

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行


司祭の道をこころざし、いよいよ会社もやめ、住み慣れた家から離れるとき、母が言った言葉、「本物になりなさい」。この道で「本物を生きる」とはどういうことかを、日本人としての原風景の中で追求し、生き、歩んできた著者が、折々につづる信仰エッセイ。
2006年2月5日 初版発行

もくじ


I
母の遺言
年輪を刻みながら
「時」のいみ
「男子の本懐」
趣味のすすめ
「砂の上の足跡」
自分を受け入れることから始める
冬来たりなば、春遠からじ
ある結婚式のスピーチ
快く老いる
人間の顔
三度目の誕生に向けて
愛があるところに神はいる!
日本人の感性
どこから来て、どこへ?
救いの御子
深は新なり
理想の生き方・理想の死に方

II
日々是好日
誕生した小さな命の前で
子どもに信仰教育を
根底に愛とゆるし
世界にたった一人のおとうさん、おかあさん

III
思い込みと信仰心
ほんの一瞬、思いを天に
会話に込める気持ち
「射祷」という短い祈り
ほんとうの幸い

IV
桜花の命、人の命
信仰に入る
花言葉
時間と永遠
良寛さんの悟り
海への安らぎ
地球は丸い
山上から町を眺めて
カリフォルニアを旅して考えたこと
星はみな輝く

あとがき

著者紹介


著者:
桜井彦孝(さくらい ひこたか)
1942年 熱心な仏教徒の家庭に、六人兄弟の末っ子として、西宮に生まれる。
1949年 7歳のとき、神戸に転居。
1955年 六甲学院に入学し、カトリックに出会う。
1957 六甲教会にて受洗。
1965年 神戸大学経済学部を卒業後、大正海上火災保険(現 三井住友海上火災保険)に入社。
1970年 退社し、イエズス会入会。
1972年 初誓願。
1977年 司祭叙階。
1984年 最終誓願宣立。
1978年 広島の祇園教会で初の司牧
1981年から1年間 フィリピンで研修。帰国後、イエズス会東京管区本部やカトリック中央協議会の仕事に携わる。
2000年〜 神戸のカトリック六甲教会主任司祭。
Top