会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

ド・ロ神父〜外海の聖者〜

出津教会の建築をはじめ、外海の貧しい信徒たちの生活のためにつくしたフランス人宣教者の感動の伝記です。
型番 222
販売価格 1,296円(税込)
在庫数 SOLD OUT
SOLD OUT



  • 谷真介

  • 矢車涼 絵

  • A5判 上製
  • 180ページ

  • ISBN978-4-7896-0222-8

  • Cコード:C8023

  • 女子パウロ会発行



 明治初期から大正にかけて、長崎の貧困・飢餓・疾病(しっぺい)に苦しむ人々を農地改良、殖産、医療、福祉、建築などの活動で支え指導し、自立の道を開いたフランス人宣教師。
長崎県外海町には、ド・ロ神父の記念館が今でもあります。
出津教会の建築をはじめ、外海の貧しい信徒たちの生活のためにつくした神父の名前は、今でもこの地に生き続けています。外海の名産「ド・ロさまソーメン」もその一つといえます。
自分のすべてを、この地にささげた神父の感動の生涯です。

小学校中級以上向けです。

全国学校図書館協議会選定図書・日本図書館協会選定図書

もくじ


第1章 近代キリスト教の夜明け
第2章 “旅”に出た信徒とド・ロ神父
第3章 村づくり、村おこしはじまる
第4章 ド・ロ版“神の国”をめざして
あとがき

著者紹介


著者:
谷真介(たに しんすけ)
1935年 東京に生まれる。
日本文芸協会会員。
『台風に生きる−石垣島の先覚者・岩崎卓爾』(偕成社)で昭和51年度厚生省自動福祉文化奨励賞、第3回ジュニア・ノンフィクション・文学賞受賞。

主な著書:
『キリシタン百説百話』(新潮社)
『フランシスコ・ザビエル』、『ローマに行った少年使節』、『高山右近』、『江戸のキリシタン屋敷』(女子パウロ会)。
Top