会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

私たちにとって聖書とは何なのか〜現代カトリック聖書霊感論序説〜

あなたと聖書の関係を明らかにする、啓示、伝承、霊感論を平易に、しかも総合的に説いた神学書。
型番 229
販売価格 1,296円(税込)
在庫数 SOLD OUT
SOLD OUT


  • 和田幹男

  • 四六判 上製

  • 272ページ

  • ISBN978-4-7896-0229-7

  • Cコード:C1016

  • 女子パウロ会発行


世界中の人をひきつける聖書―この聖書とは私たちにとって何なのだろうか。
啓示、伝承、霊感論を平易に、しかも総合的に説いた神学書。
あなたと聖書の関係を明らかにする。

(前書きより)
本書は、第二バチカン公会議の精神にしたがって書かれたものであり、公会議の最も重要な公文書の一つである『啓示憲章』の教えを、きわめて正確に説明し、その画期的な意義を明らかにしてくれる。しかも著者は、教会の尊い伝統を軽視しない。神の音楽のハーモニーである聖書、一面に花咲く平原である聖書、神からの手紙である聖書―教父たちのこの聖書観は、私たちにとっても魅力的である。
本書に励まされて聖書を熱心に愛読するならば、私たちはますます神によって生かされるであろう。

日本図書館協会選定図書
Top