会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

祈りと恵みの世界

どのように祈っていいか分からないかたに、また、神との触れ合いを求め、祈りを幅広く体験して、実践してみたいかたに、参考になる本である。
型番 560
販売価格 1,512円(税込)
購入数



  • 池長潤 著

  • 四六判 上製

  • 208ページ

  • ISBN978-4-7896-0560-1

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行


人はなぜ祈るのだろうか。
日本人は、手紙や話の中でよく「お祈り申し上げます」という。まして、身内が事故や不時の病に見舞われたときなどには、とくになにかわからないけれど大きな力に信頼して、「助けてください、かわりにわたしのいのちを……」などと祈る姿を見かける。祈る対象は各人違っても、ともかく宗教心があるからなのだろう。
イエズス会士であった著者は、長年イエズス会の霊性を深め、生きてきた体験からこの事を著した。祈りのかたちだけにとどまらず、神との交わりの世界にまで広げ、カトリックの伝統の中ではぐくまれ、現実に体験されてきた、いまもされている祈りを紹介している。

どのように祈っていいか分からないかたに、また、神との触れ合いを求め、祈りを幅広く体験して、実践してみたいかたに、参考になる本である。

もくじ


はじめに
第1章 旧約時代の祈りに学ぶ
 1.人間の営みとしての祈り 2.祈る心の黄金律 3.堅忍不抜 4.どこまでも神へ 5.とりなし 6.神のみ顔を求めて 7.ひそやかさ 8.神に聴く 9.詩編の世界

第2章 イエスの時代
 1.イエスのもたらした祈りの新しさ 2.祈りのモデルとしてのイエス 3.ゲッセマネの祈り 4.大祭司の祈り 5.神に押しかけなさい 6.イエスは祈りを聞き入れられる 7.心と祈り―マリアに倣う

第3 章 初代教会の時代 1.マリアの取り次ぎへの信仰 2.聖霊との交わりと新しい生活 3.パウロのイエス体験 4.パウロの祈り 5.イエスとの出会いへの福音記者ヨハネの招き 6.マタイ福音記者の誘う、イエスとの絆の大切さと日々の交わり 7.弟子とともに生きるイエスを描く、ルカ福音記者 8.ヨハネの体験とその紹介 9.新しい神の民の礼拝 10.初代教会のキリスト賛歌 11.聖体の秘跡と聖体祭儀

第4章 祈りの伝承
 1.基本的な祈り 2.親しみやすい祈りの実践 3.特別な祈りの深まり
おわり

著者紹介


著者:
池長 潤(いけなが じゅん)
1937年 神戸生まれ。
1952年 六甲学院聖堂で受洗、洗礼名はレオ。
1957年 イエズス会入会。
1959年 初誓願。
1962年 上智大学文学部ラテン哲学科卒業。
1967年 上智大学神学部卒業。
1968年 司祭叙階。
1971年 アメリカ・セントルイス大学で倫理司牧神学修士号取得。
1972年 ローマ・グレゴリアン大学(霊性神学研究)に留学。
1975年 最終誓願宣立。
その後 カトリック教会司牧やイエズス会の修練長、管区長など。
1996年 大司教に叙階される。
1997年 大阪大司教区および大阪教会管区大司教。
Top