会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

キリスト教入信の秘跡〜洗礼・堅信・エウカリスティア〜

カトリック神学の秘跡論について書かれた本の日本語訳。
型番 978-4-88382-102-0
販売価格 2,160円(税込)
購入数



  • ケナン・B・オズボーン 著

  • 太田実 訳

  • 石脇慶 總監

  • 四六判 並製

  • 452ページ

  • ISBN978-4-88382-102-0

  • Cコード:C1016

  • 新世社


本書は、ケナン・B・オズボーンの「キリスト教入信の秘跡」(洗礼、堅信、エウカリスティア)の全訳です。本書の出版年は1987年であり、1995年に出版された「秘跡のガイドライン」と比べても比較的古いものですが、オズボーンの神学的な姿勢は、一貫しており、彼の思想の理解を補完するものであると考えます。
カトリック神学でも、秘跡神学の日本語の本がほとんど見あたらない中で、本書がカトリック神学の秘跡論を学ぶ方々にとって多少なりとも助けとなれば幸甚です。(訳者前書きより抜粋)

初版発行:2010年7月10日

もくじ


訳者前書き

第一章 ローマ・カトリック教会の洗礼の教え
第二章 洗礼と新約聖書
第三章 洗礼と初代教会
第四章 洗礼と現代神学
第五章 洗礼の新しい儀式書と源泉秘跡としてのイエス
第六章 ローマ・カトリック教会の堅信の教え
第七章 堅信とその歴史的、神学的考察
第八章 ローマ・カトリック教会のエウカリスティアの教え
第九章 新約聖書におけるエウカリスティア
第十章 初代教会におけるエウカリスティア
第十一章 中世とそれ以降のエウカリスティアの問題
第十二章 宗教改革とそれ以降のエウカリスティアの問題
第十三章 キリスト教入信の不可欠な部分としてのエウカリスティア

義化についての教令
規定

著者紹介


訳者:
太田実(おおた みのる)
1952年8月、福岡県生まれ。
1982年3月、名古屋教区司祭として叙階。
名古屋教区本部事務局勤務。
日本カトリック神学院非常勤講師。
Top