5月30日(火)誠に勝手ながら臨時休業とさせていただきます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

奇跡の泉、ルルド〜聖母マリアへの祈り〜

パリ エルサレム修道会 ヴェズレー修道院の、ブラザーダミアン・原田による「シター」によるメディテーション。
型番 5052
販売価格 2,700円(税込)
購入数



  • ブラザーダミアン・原田 採譜・編曲・作曲・シター演奏

  • ISBN978-4-7896-5052-6

  • Cコード:C0873

  • 女子パウロ会発行



※ ルルド関連、お見舞い関連


  パリ エルサレム修道会 ヴェズレー修道院の、ブラザーダミアン・原田による「シター」によるメディテーション。録音場所は、ヴェズレー、聖マリア・マグダレナ大聖堂。

 「シター」は、日本ではまだあまりよく知られていない楽器です。インドの楽器シタールと間違えられたり、ドイツやオーストリアのチターとも間違えられたりします。
「シター」の起源は、聖書の時代までさかのぼります。旧約聖書の詩編の中に、その当時用いられていた楽器の名前を見いだすことができます。最後の詩編150では、「すべての楽器をかき鳴らし、神をたたえよう。アレルヤ」とあり、いろいろな楽器が登場しています。
フランス語の聖書で「シター」となっているところは、日本語の『聖書 新共同訳』では「琴」となっています。その当時の琴は、長方形の共鳴箱に一本、あるいは数本の弦がはられた簡単なものでした。現代、シターと呼ばれるものは、19世紀に改良されたものです。
   ブラザーダミアン・原田



曲目


1.ダビデ賛歌 ユダヤ聖歌
2.主よ、もう私は眠らない ロシア聖歌
3.心、手と手と手(Amazing Grace、Bless the Lord)
4.聖母の子守歌 18世紀のイタリア古謡
5.アヴェ・マリア
6.遥かなるルルド
Top