会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

祈り

型番 27
販売価格 1,188円(税込)
購入数




  • 奥村一郎

  • 全書判 並製

  • 196ページ

  • ISBN978-4-7896-0027-9

  • Cコード:C1016

  • 女子パウロ会発行

  • 2015年5月中旬、電子書籍にて再発行予定



祈りとは、何なのでしょう。ときどきわからなくなります。ただ、静かに頭を垂れるだけ。それも祈り、祈りとは単純なものです。そんな、祈りの心を本書はわかりやすく教えてくれます。

著者「あとがき」より
「本立って道生る」という中国のことばがある。この本の意図したところは、祈りの根本を祈りの底、それも、底を割り、底を抜かなければ見いだしえないものが、祈りの根であることを確かめることにある。
「断つ祈り」「断たれた祈り」「しない祈り」「無為の祈り」など……ことばとしては意味をなさぬ表現をくり返し使っているのも、そのためである。どのような祈りの形であれ、神の前における自我の断一徹の決定こそが、祈りをしてまことの祈りたらしめる。これがこの本を一貫する考えである。

もくじ


祈り以前の祈り,祈り 神の逆説,魂の呼吸,祈りの原点,祈りの定義,ほんとの話,祈りの糧,祈りながらまどろむ子ども,神にきく,祈りの人間論,カミサマ ゴメンネ 断たれた祈り,月のうさぎ,み旨ならば,キリストの祈り

著者紹介


著者:
奥村 一郎(おくむら いちろう)
カトリック司祭(カルメル会)
東京大学在学中、禅仏教より改宗。卒業後、カルメル会入会のため渡仏。
帰国後、主に他宗教との対話と交流に関与する。
主な著書:
訳書『カルメル山登攀』(ドン・ボスコ社)
『愛ゆえに生く』(サンパウロ)
『主とともに』,『断想』,『神とあそぶ』(女子パウロ会)。
Top