8月11日(金)から8月20日(日)まで夏季休業期間とさせていただきます。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

イスラームとの対話〜より良き明日の実現のために〜

すべての「救い主」は、潜在的に全世界に対する使命を負っている。
型番 4-8056-0465-4
販売価格 1,080円(税込)
購入数



  • 黒田和雄 著

  • B6判 並製

  • 168ページ

  • ISBN4-8056-0465-4

  • Cコード:C0016

  • サンパウロ


すべての「救い主」は、潜在的に全世界に対する使命を負っている。
「十戒」「三位一体」などのキリスト教的キーワードによって、イスラム教との間に存する接点・相違点を浮き彫りにしつつ、同じキーワードをもとに「効率一辺倒」「ニート」「テロリズム」など、今日的諸問題との関連についても考察する。そして、宗教が現代人の内外面に否応なく働きかける影響力の大きさを如実に示していく――。さらに考察を深めたい読者に向けて、同著者の『一神教の“ナゾ”を解く』『日本人は無宗教か?』がある。

初版発行:2006年10月30日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。ご了承ください。

もくじ


機ゝ澆ぜ腓反契さの到来
供 峙媾住軍」ということ
掘.リスト教と救世主
検,茲衫匹明日のために
付論「下から上へ」の神学
  ーマリア様の役割についてー
参考文献
あとがき

著者紹介


著者:
黒田和雄(くろだ かずお)
1921年   生まれる。
1943年   東京大学法学部卒業。
1956ー57年 ニーマン・フェローとして1年間、ハーバード大学に留学。
1957ー69年 ジャパン・タイムズ論説委員。
1969ー72年 貿易研修センター教授。
1981ー92年 拓殖大学商学部教授。
1992年   定年退職。

著書:『日本人は無宗教か?』『一神教の“なぞ”を解く』(サンパウロ)。
Top