会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

アウグスティヌス『告白録』講義

告白と讃美の中でAugusutinusが求めたものは?『告白録』との60年にわたる対話の成果。
型番 4-901654-86-1
販売価格 4,104円(税込)
購入数



  • 加藤信朗 著

  • 四六判 上製

  • 390ページ

  • ISBN4-901654-86-1

  • Cコード:C3010

  • 知泉書館


一年半にわたって行った『告白録』講義を全面的に書き改め、独自の知見を盛り込んでなった待望の作品。
独自の観点から、その回心を神から離れゆく「離向」と、神に帰ってくる「帰向」の過程として捉えるとともに、アウグスティヌスの東方的要素に注目し、西欧的視点とは違うわれわれ東洋の視点から新たなアウグスティヌス像を示した、著者渾身の作品。

初版発行:2006年11月23日

もくじ


第1講 『告白録』という書物 アウグスティヌスに学ぶことの現代的意義
第2講 第1巻冒頭の二行について 『告白録』の構成、解釈の問題点
第3講 『大いなるもの』 『告白録』冒頭個所の解釈
第4講 第1巻第2-5章
第5講 回心の過程(離向と帰向) 離向(aversio)の過程
第6講 離向(aversio)の諸要素
第7講 帰向(conuersio)の過程とその諸要素
第8講 プラトン哲学との出会い(第7巻)
第9講 回心の成就・庭園の場・Tolle,lege.(第8巻)
第10-11講 救いの平安(第9巻1-2)
第12-15講 メモリアの内での神の場所の探究(第10巻1-4)

著者紹介


著者:
加藤信朗(かとう しんろう)
1926年東京都に生まれる。1950年東京大学文学部哲学科卒業。上智大学文学部教授、東京都立大学人文学部教授、ケンブリッジ大学客員研究員、聖心女子大学文学部教授、ペンシルベニア大学客員教授を経て、現在、東京都立大学名誉教授。

著訳:
『哲学の道』(創文社)、『初期プラトン哲学』(東京大学出版会)、『ギリシア哲学史』(東京大学出版会)、アリストテレス『分析論後書』(アリストテレス全集 第1巻、岩波書店)、アリストテレス『ニコマコス論理学』(アリストテレス全集 第13巻、岩波書店)
Top