会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

論文集 核廃絶への道

【長崎名誉市民決定記念出版】これまでの論文をまとめた珠玉の論文集。
型番 978-4-88851-166-7
販売価格 1,944円(税込)
購入数



  • 土山秀夫 著

  • A5判 並製

  • 162ページ

  • ISBNISBN978-4-88851-166-7

  • Cコード:C0031

  • 長崎文献社


長崎大学元学長・土山秀夫氏は、いま平和運動の先頭にたって「核廃絶」を訴えています。「平和宣言」の起草委員長を長年つとめられ、2010年には「長崎市名誉市民」に推挙されました。
論客としても、長年言論界で論文を発表しつづけています。本書はこれまでの論文をまとめた珠玉の論文集となります。

初版発行:2011年7月1日

※ この書籍は、お取り寄せに1週間ほどかかります。
  他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご了承ください。

もくじ


序にかえて

第吃堯“鑁地長崎からの提言
   第1章 被爆地から核兵器廃絶への道を問う
   第2章 核廃絶−次に何をなすべきか
   第3章 核廃絶への道−被爆地からの提言

第局堯\府と市民の問の意識ギャップ
   第4章 核軍縮推進における市民社会の役割
   第5章 日本核武装論を排す
   第6章 九条は「よらば大樹の陰」なのか

第敬堯 岾吠軸錣里覆だこΑ廚鬚瓩兇靴
   第7章 NPT体制崩壊の危機
   第8章 核兵器廃絶への期待と指針−核廃絶に向けた国際世論を高めよう
   第9章 核兵器廃絶を言う前に−日本の核抑止信仰を考える
   第10章 いま、核廃絶のために何をなすべきか
   第11章 オバマ構想から核兵器禁止条約へ
   
謝辞

著者紹介


著者:
土山秀夫(つちやま ひでお)
1925年、長崎市生まれ。
1952年、長崎大学医学部卒業、1969年、同大学教授。
1982年〜86年、長崎大学医学部長。
1988年〜92年、長崎大学長。
現在、「世界平和アピール七人委員会」委員。長崎大学名誉教授。
長崎平和宣言文起草委員。核兵器廃絶ナガサキ市民会議代表。
核兵器廃絶地球市民集会ナガサキ実行委貞会顧問。長崎県9条の会共同代表ほか。
医学の専門分野(病理学)における業績とはべつに、独自の視点から核兵器を中心とした安全保障や憲法問題についても精力的に取り組み、被爆地の立場から発言を続けている。
Top