会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

福音書を読む〜イエスの生涯〜

福音書をたびたび読むと言うことは、イエス・キリストと出会い、親しく交わりを深めていくことである。
型番 978-4-88216-277-3
販売価格 540円(税込)
購入数



  • 森内俊雄

  • 文庫 並製

  • 272ページ

  • ISBN978-4-88216-277-3

  • Cコード:C0195

  • 聖母の騎士社


 福音書をたびたび読むということは、イエス・キリストと出会い、親しく交わりを深めていくことである……新約聖書の四福音書は、イエス・キリストの生涯と言葉を伝えている。故に、率直に福音書を読みさえすれば、幸福な出会いに恵まれるはずだと思う。そこらあたりに、大きな錯誤がある。そもそも率直に読むというのは、どのようなことを意味するのだろうか。私は、その率直さがおのずと遭遇する顛末を、ここにしたためた。(「はじめに」より)

初版発行:2007年3月1日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


1 誕生 荒野から宣教へ
2 奇跡 自分の十字架を担う
3 信仰 あなたの願いどおりになるように
4 変容 イエスはただ、ペトロ、ヤコブ、ヨハネだけを連れて、高い山に登られた
5 受難 この病は死に至らない
6 復活 ここを離れず、わたしと共に目を覚ましていなさい

著者紹介


著者:
森内俊雄(もりうち としお)
1936年、大阪生まれ。早稲田大学露文科卒。
「幼き者は驢馬に乗って」(69年)で文學界新人賞、『翔ぶ影』(73年)で泉鏡花賞、『氷河が来るまでに』(90年)で読売文学賞、芸術選奨文部大臣賞を受賞。他に『午後の坂道』『晒し井』『短編歳時記』『十一月の少女』などの著書がある。
Top