会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

長崎の鐘はほほえむ〜残された兄妹の記録〜

原爆症で亡くなった永井隆博士の残された兄弟の記録。
型番 441
販売価格 1,296円(税込)
購入数



  • 永井誠一 著

  • 全書判 並製

  • 112ページ

  • ISBN978-4-7896-0441-3

  • Cコード:C0095

  • 女子パウロ会発行


 幼くして孤児となっても、父と母の美しい思い出を持てる人は幸いである。この本を読んでしみじみとそう思う。死を前にして原爆の悲惨と神と人への愛を書きつづった父、永井隆氏と、原爆で亡くなった若き母の思い出は著者の胸に清らかに美しく消えない。涙が目を洗い、心を洗う、そんな本である。(帯のことば:加賀 乙彦氏)

改訂初版発行:1995年5月2日

もくじ


   序章
   やさしきみ母よ
   第1章 父母と子と運命と
   第2章 原子野の鐘
   第3章 ほろびぬものを
   第4章 白ばらの花より香たつごとく
   第5章 風浪に流されず
   終章 新しき門出のまえに

著者紹介


著者:
永井誠一(ながい まこと)
1935年 長崎市生まれ。
上智大学文学部新聞学科卒業。
1958年、時事通信社編集局入社。
サイゴン特派員、社会部デスク、海外部、福岡支社編集部長などを勤める。
2001年 帰天。
Top