会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

長崎を開いた人 コスメ・デ・トーレスの生涯

長崎の町の創設に中心的役割を果たした人、それはコスメ・デ・トーレス神父であった。
型番 978-4-8056-6415-5
販売価格 1,944円(税込)
購入数



  • 結城了悟

  • B6判 並製

  • 328ページ

  • ISBN978-47896-5109-6

  • Cコード:C0016

  • サンパウロ


 鎖国時代、海外との唯一の接点であった「長崎」。1570年、ヨーロッパとの交易、キリスト教の布教、日本国内の諸事情、種々の要素が重なってこの港町は誕生しました。そして、この町の創設に中心的役割を果たした人物こそ、フランシスコ・ザビエルと共に来日し宣教に献身したコスメ・デ・トーレス神父でした。その生涯を資料を駆使して追いながら、長崎創設までの歴史を語ります。
188殉教者列福への動きが高まる中、ぜひ読んでおきたい書。

改訂版発行日:2007年5月31日

もくじ


   改訂版によせて
   まえがき
   第1章 使徒としての準備
   第2章 山口の忠実なキリシタンの中にあって
   第3章 豊後領において(1556-1562年)
   第4章 進路の変更、横瀬浦(1562-1563年)
   第5章 孤独の前哨(1563-1564年)
   第6章 小さな港、大きな仕事(1564-1568年)
   第7章 ゴールに向かって(1568-1570年)
   注
   付録

著者紹介


著者:
結城了悟(ゆうき りょうご)
1922年スペインのセビリアに生まれる。
1948年来日。スペイン、マドリド、イエズス会哲学科哲学修士。
コロンビア、ボゴタ、ハベリアナ大学神学部修士、神学修士。イエズス会司祭。
福山カトリック教会助任司祭、広島イエズス会修練院教師、日本二十六聖人記念館
館長を歴任し1978年日本に帰化。
長崎市文化財審議会委員、日本二十六聖人記念館前館長。

著書:
『長崎の天主堂』(西日本文化協会)、『雲仙の殉教者』(長崎二十六聖人記念館)、『新資料 天正少年使節』(南窓社)、『キリシタンになった大名』(聖母の騎士社)など多数。
Top