会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

祈りと瞑想〜カンタベリーのアンセルムス〜

西欧中世の思想史上の巨峰とされるカンタベリーのアンセルムスが著した祈りと瞑想の翻訳。
型番 978-4-7642-6662-9
販売価格 1,944円(税込)
購入数



  • 古田暁 訳

  • 四六判 並製

  • 188ページ

  • ISBN978-4-7642-6662-9

  • Cコード:C3016

  • 教文館


斬新な表現と感性豊かな内容をもった、詩情溢れる祈りの言葉。
中世スコラ額の父と呼ばれるアンセルムスの、キリスト教霊性史上「革命的」と評される著作。古代教会以来の伝統を打ち破り、後代に大きな影響を与えた個性的な祈りと瞑想。

初版発行:2007年7月22日

もくじ


凡例
訳者まえがき
解説─アンセルムスの祈り、瞑想と個人の発見
祈りについて
 聖アウグスティヌスの『告白』から
 アルクィヌス、詩編の祈り方についてカール大帝に詩編を推薦する
 アンセルムス、トスカーナ伯マティルダへこの祈祷集の読み方について助言する

聖アンセルムスの祈り
 アンセルムス、トスカーナ伯マティルダへこの祈祷集の読み方について助言する
 序
 1 神に捧げる祈り
 2 キリストへの愛が燃えあがることを乞い願い、キリストに捧げる祈り
 3 ご聖体と御血を拝領する際の祈り
 4 聖なる十字架に捧げる祈り
 5 心が麻痺したときに、聖なるマリアに捧げる祈り
 6 心が戦慄におびえるときに、聖なるマリアへ捧げる祈り
        ほか、全19編

聖アンセルムスの瞑想
 1 畏怖の念を興すための瞑想
 2 不幸にも失われた純潔についての嘆き
 3 人間の贖罪に関する瞑想

訳者あとがき

訳者紹介


訳者:
古田暁(ふるた ぎょう)
1929年生まれ。慶應義塾大学予科卒業後、欧米諸大学で学ぶ。現在、神田外語大学名誉教授。中世哲学、神学専攻。

著書:
『人間であること、人間となること〜日本人にとって神体験とは』(聖文舎 1987年)ほか。

訳書:
カンタベリーのアンセルムス『アンセルムス全集』(聖文舎 1980年)、リチャード・ド・ベリー『フィロビブロン〜書物への愛』(講談社学術文庫 1989年)、『聖ベネディクトの戒律』(すえもりブックス 2000年)、『ポケット版 聖ベネディクトの戒律』(ドン・ボスコ社 2006年)ほか。
Top