会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

第一コリント書の福音〜新約聖書講解集〜

神の知恵であるキリストの御業の意味を、現代の教会へのメッセージとして現在化する第1コリント書の講解43講話。
型番 978-4-902211-24-5
販売価格 3,132円(税込)
購入数



  • 織田昭

  • A5判 並製

  • 384ページ

  • ISBN978-4-902211-24-5

  • Cコード:C3016

  • 教友社


※聖パウロ関連

第一コリント書の中心テーマは、「十字架の言葉」です。この「十字架の言葉」を自分たちの宗教の考えに反する「愚かなもの」とユダヤ教指導者たちは断じました。
この挑戦を受けながらも、パウロは、「十字架の言葉」は神の力、神の知恵であることを証しし、復活の希望を語るのです。

「第一コリント書」における「福音」の内容を追及し、神の知恵であるキリストの御業の意味を、現代の教会へのメッセージとして伝える聖書の講話解説集です。

初版発行2007年8月23日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


1 神の教会を支える真実な方≪1:1〜9≫
2 キリストを宗教化するな!≪1:10〜17≫
3 十字架の言葉≪1:18〜25≫
4 「誇る者は主を誇れ」≪1:26〜31≫
5 “命の息”=“力の神”による実証≪2:1〜5≫
6 大人のための驚くべき“知恵”≪2:6〜9≫
7 “命の息”に“命の息”が応答する≪2:10〜16≫
8 主が「工事中」の家≪3:1〜9≫
9 キリストの土台の上に建てる≪3:10〜15≫
10 “偉い人”の知恵と縁を切る≪3:16〜23≫   ほか

著者紹介


著者:
織田昭(おだ あきら)
1927年、和歌山市生まれ
大阪商科大(現・大阪市立大)中退
大阪聖書学院卒業
ギリシア国立アテネ大学哲学部卒業
1998年まで46年間、大阪聖書学院で教鞭をとる
大東キリストの教会牧師

主な著書:
『新約聖書ギリシア語小辞典』(教文館)、『新約聖書のギリシア語文法』(教友社)、『新約聖書講解集 マタイによる福音』(教友社)、『新約聖書講解集 ローマ書の福音』(教友社)
Top