会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

環境からみる私たちの社会

本書は、『聖母の騎士』誌に1998年1月号から2006年7月号まで連載された「環境からみる私たちの社会を一冊にまとめたもの。
型番 978-4-88216-284-1
販売価格 1,080円(税込)
購入数



  • 碇山洋 著

  • 文庫サイズ 並製

  • 520ページ

  • ISBN978-4-88216-284-1

  • Cコード:C0195

  • 聖母文庫


「折々の環境問題にふれて綴られた、若き知性の魂の記憶・本書には、難問解決のヒントが満載されている。」 保母武彦(島根大学名誉教授)
本書は、『聖母の騎士』誌に1998年1月号から2006年7月号まで連載された「環境からみる私たちの社会を一冊にまとめたものです。財政学と地域環境管理論を専門とする私が、少々場違いな感のある雑誌にエッセイを連載することになったいきさつについては、最終回第89回をお読みください。この連載では、環境問題を中心にそのときどきの問題を具体的にとりあげるようにしました。 (「序文」より)

初版発行:2007年9月10日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


この本をお読みいただくみなさんへ
■1998年
 1.ムツゴロウと人間とどちらが大切か?
 2.自然からの請求書に学ぶ
 3.自然環境をめぐる二者択一問題ふたつ
 4.耳を傾ける者・ふさぐ者
 5.誇りある計画変更
 6.環境からみる景気対策
 7.環境からみる地域の活性化
 8.四本足のニワトリから人間を守る
 9.環境からみるいまどきの若者・・・略

著者紹介


著者:
碇山洋(いかりやま ひろし)
金沢大学経済学部教授 (財政学・地域環境管理論〉 域経済情報センター長 1960年、貝塚市(大阪府)生まれ 1991年、大阪市立大学大学院経営学研究科後期博士課程単位取得退学 同年、金沢大学経済学部講師 1993年、同学部助教授 2002年、同学部地域経済情報センター長 2004年、同学部教授 専攻は財政学、地域開発論、環境政策論 陸地域経済学』 (共編著、日本経済評論社、2007年)
Top