会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

ドミンゴス 中村長八神父〜ブラジル日本移民の使徒〜

はじめて日本からブラジルに到来し、とりわけサンパウロ州の内陸で宣教された中村長八神父の足跡をたどる。
型番 978-4-88216-286-5
販売価格 1,080円(税込)
購入数



  • ペドロ大西 著

  • 水野一 訳

  • 日伯司牧協会 監修

  • 四六判 並製

  • 404ページ

  • ISBN978-4-88216-286-5

  • Cコード:C0095


はじめて日本からブラジルに到来し、とりわけサンパウロ州の内陸で宣教された中村長八神父の足跡をたどる。

初版発行:2007年11月1日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


推薦の言葉
序文
はじめ
第1章 最初の日本人キリスト教徒
第2章 ドミンゴス中村長八神父
第3章 日本人への司牧拡大
第4章 日系ブラジル人の宣教活動
第5章 暁の星カトリック・サークル(青年会)
第6章 記念の祝典
第7章 列福調査に向けて
訳者あとがき

著者紹介


著者:
ペドロ大西(ぺどろ おおにし)
1934年、サンパウロ州マリリア市生まれ。
1947年、受洗。
1949年、プレシデンテ・ブルデン中学、高校卒業。
1953年、日系青年への福音宣教のための「暁の星青年会」創立に参加。
1957年、偉大な宣教者、中村長八神父の調査をはじめ、同神父の列福調査委員会のメンバーとなる。
1961年、パウルー大学・法科卒業。マリリア市において弁護士開業。
マリリア市会議員、ブラジル弁護士協会サンパウロ支部の倫理・規律裁判のメンバーを歴任。


訳者:
水野一(みずの はじめ)
1930年、東京生まれ。
東京外国語大学卒。
日本経済新聞社記者、日本経済研修センター資料室長を経て、1961年〜2001年上智大学外国語学部教員。
現在、同大学名誉教授。
専門はラテンアメリカ経済、ブラジル地域研究。

訳書:
『日本ブラジル交流史』(監修:日本ブラジル中央協会、1995年)、『ラテンアメリカの環境と開発』(共編者:新評論、1997年)など。
Top