5月30日(火)誠に勝手ながら臨時休業とさせていただきます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

イエスの渇き 〜小さきテレーズとマザー・テレサ〜

世界中の人々に今なお敬愛され慕われる聖女小さきテレーズとマザー・テレサ二人の愛の道を辿る黙想集。
型番 641
販売価格 1,404円(税込)
購入数



  • ジャック・ゴティエ 著

  • 伊従信子

  • 四六判 並製

  • 180ページ

  • ISBN978-4-7896-0641-7

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行


1997年9月のマザー・テレサ帰天のちょうど100年前の1897年9月、ひっそりと世を後にした聖女小さきテレーズ。
時代も場所も環境も遠く隔たっていた2人を強く結んでいるものは・・・“人々への愛に燃えるイエスの渇きを潤すこと”。
それは、深い主の愛にすべてを委ねきる「小さき道」を歩むこと、また、孤独で見捨てられている最も貧しい人々に愛を込めて仕えることで2人はそれぞれに、イエスの愛に応えて生きた。
世界中の人々に今なお敬愛され慕われる2人の愛の道を辿る黙想集。

初版発行:2007年12月8日

もくじ


日本語版にそえて
はじめに

第1章 小さきテレーズの生涯
    愛に生きる
    イエスの渇きを発見
    罪びとの回心を祈る
    十字架上のイエスの叫び
    小さき道
    愛の学問の中心

第2章 マザー・テレサの生涯
    テレーズと共に第一歩
    修道生活に呼ばれて
    貧しい人びとへの愛の誓い
    祈りは力
    驚くべき単純さ
    すべての人のための聖性
    教皇からの手紙

第3章 「水を飲ませてください」
    井戸のほとりに
    神の贈り物を受けたサマリアの女
    真の礼拝とは
    見に来てください、救い主を
    アヴィラのテレサの祈り

第4章 「それは わたしにしてくれたこと」
    善きサマリア人
    愛を乞うイエス
    アウシュヴィッツでの祈り
    もっとも小さい者にしたこと
    二つの愛

第5章 砕かれた心
    十字架の聖ヨハネの導き
    孤独な牧童のドラマ
    マルガリータ・マリアに示されたイエスのみ心
    愛の沈黙
    暗夜を独り歩くテレーズ
    長い信仰の試練を生きるマザー
    よろこびの賜物

結びの言葉

 補遺1 テレーズの祈り
 補遺2 マザー・テレサの遺言
 補遺3 マザー・テレサの列福請願者へのインタビュー
 補遺4 マザー・テレサの祈り

著者紹介


著者:
ジャック・ゴティエ(Jacquse Gauthier)
カナダの詩人、神学者。
オタワの聖パウロ大学教授。
多くの著作があり、カナダ、フランスでは講演会、ラジオやテレビの講話で知られている。


訳者:
伊従信子(いより のぶこ)
東京生まれ。
元上智大学比較文学部教授。
カルメル会の霊性を生きる在俗会「ノートルダム・ド・ヴィ(いのちの聖母)」会員。

著書:
『テレーズの約束』『レオニー 小さい道を妹テレーズとともに』(サンパウロ)

訳書:
『幼いイエスの聖テレーズ自叙伝』(ドン・ボスコ社)他多数。
Top