会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

馬飼聖者〜ギリシャ正教中世歴史譚〜

正教会の司祭である著者が、現実の中で信仰を生きるとはどういうことなのか、鋭く問う歴史小説。
型番 978-4-8056-0809-8
販売価格 1,728円(税込)
購入数



  • 及川信 著

  • B6判 並製

  • 272ページ

  • ISBN978-4-8056-0809-8

  • Cコード:C0016

  • サンパウロ


舞台は、11世紀、ローマ帝国(ビザンティン帝国)。難敵ブルガリアにようやく勝利を収めたころ、皇帝の信任厚い1人の武将が退任し、軍馬育成のために牧場を始めた。無骨なまでに駿馬を育てようとする武将。その牧場の利益をねらって、陰謀を張りめぐらす将軍や商人たち。彼らの謀略は、弱者たちや一般民衆、教会をも巻き込んでいく……。正教会の司祭である著者が、現実の中で信仰を生きるとはどういうことなのか、鋭く問う歴史小説。

初版発行:2008年1月31日

もくじ


プロローグ
1. 狙撃
2. 少女の死
3. アレクサンドロス牧場
4. 将軍の陰謀
5. 祈りを妨げる者
6. 母と子
7. 喚問
8. 三千年の杉
9. 十字行
エピローグ
解説
聖暦
年表
地図
あとがき

著者紹介


著者:
及川信(おいかわ しん)
1959年生 東京正教神学院卒。
日本ハリストス正教会 司祭(神父)
現在、人吉ハリストス正教会(九州管轄)

著書:
『ろば物語』(燦葉出版社)、『ロシア正教会と聖セラフィム』(サンパウロ)、『ギリシャ正教中世物語集 破門審問』(新世社)
Top