会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

これからの日本のゆくえ―憲法改正問題を切り口として―福音の視点から

型番 732
販売価格 540円(税込)
購入数



  • 森一弘 著

  • B6判 並製

  • 70ページ

  • ISBN978-4-7896-0732-2

  • Cコード:C0030

  • 女子パウロ会発行



2013年7月、「あなたの愛を政治に生かすヒント―わたしもあきらめない!」のテーマで開かれた、カトリック社会問題研究所主催の夏期セミナーで、「福音の視点から」と題して行われた講演に加筆したもの。以後あちこちの講演でテキストとして使用するためまとめられた。

◎“Laudate”書籍の紹介:『これからの日本のゆくえ―憲法改正問題を切り口として―福音の視点から』

初版発行:2013年12月25日
全国学校図書館選定図書

もくじ


はじめに
 九十六条改正への動き

憲法の根底には価値観・世界観がある
 1 憲法改正には、革命に通じる側面がある
 2 憲法の根底にある価値観・世界観について
  1 フランス革命の場合
   背景
   基本的人権と国家主権の確立
   問題点とその後の課題
  2 明治憲法の場合
  3 現行憲法の場合
  4 自民党の憲法草案(二○一二年四月二十七日)の場合

むすび
参考資料

著者紹介


著者:
森一弘(もり かずひろ)
1938年生まれ、神奈川県出身。上智大学文学部哲学科を卒業。
1967年ローマでカトリック司祭になり、1985年司教に叙階。
2000年まで、東京教区補佐司教を務める。その間、カトリック中央協議会事務局長を兼務。
現在は財団法人・真生会館の理事長として、講演活動、執筆活動、黙想指導などに携わる。
Top