会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

やすらぎへの旅〜十字架の道行の黙想〜

四旬節に、ぜひ手元に置きたい一冊。 ☆限定1冊のみ
型番 561
販売価格 1,188円(税込)
在庫数 SOLD OUT
SOLD OUT


  • ジョセフ・バーナーディン 著

  • アルフォンス・P・スピリー ジェレミー・ラングフォード 共編

  • 廣戸直江 訳

  • B6判 並製

  • 190ページ

  • ISBN978-4-7896-0561-8

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行

  • 限定1冊のみです。


この本の著者故ジョセフ・バーナーディン枢機卿は、熱情あふれる愛と信仰を証しし、謙虚な知恵と霊的な著作をとおして何百万という人の心をとらえました。アメリカの聖職者のトップにありながら、少年への性的虐待のぬれぎぬを着せられ、疑いが晴れたときには膵臓がんに冒されていました。
本書は、これらの苦しみの中で彼が祈り、黙想した末の説教をもとに、イエスの苦難と死と復活の道をたどりながら、読者自身の生活や苦しみの意味を理解する手がかりを示し、真のやすらぎへの旅に参加するよう招いています。
バーナーディン枢機卿のメッセージとおしてイエスの受難の黙想しながら、ご自分の日々の苦しみささげながら祈ってみられてはいかがでしょうか。四旬節に、ぜひ手元に置きたい一冊です。

初版発行:2003年3月19日

もくじ


はじめに
編集者の序文
ひとつの旅への招き

第1留 イエスは死の宣告をお受けになる
第2留 イエスは十字架を担われる
第3留 イエスは初めてお倒れになる
第4留 イエスは御母マリアに会われる
第5留 キレネのシモンはイエスの十字架を助け担う
第6留 ヴェロニカはイエスのみ顔をぬぐう
第7留 イエスは再びお倒れになる
第8留 イエスはエルサレムの女性たちに会われる
第9留 イエスは三度お倒れになる
第10留 イエスはみ衣をはがれる
第11留 イエスのお体は十字架に釘づけにされる
第12留 イエスは十字架上で死去される
第13留 マリアはイエスのお体を抱きとめる
第14留 イエスのお体は墓に葬られる
第15留 イエスは死から復活される

訳者あとがき

著者紹介


著者:
ジョセフ・バーナーディン(Joseph Bernardin)
1928年サウスカロライナ州コロンビアに生まれる。1952年チャールストン教区でカトリック司祭に叙階され、アトランタ補佐司教、米国司教会議事務局長、シンシナティ大司教、司教会議議長、シカゴ大司教を歴任。1983年枢機卿に任命される。「戦争と平和」「生命に関する一貫した倫理」についての司教教書を発令。ホワイトハウスで死の2ヵ月前に、“Presidential Medal of Freedom”を受賞する。
主著:『やすらぎの贈り物(原題 Gift of Peace)』(ドン・ボスコ社)は国内で4ヵ月間ベストセラーになり、12ヵ国語で出版された。1996年膵臓ガンのため死去。

編者:
アルフォンス・P・スピリー(Alphonse P. Spilly C.P.P.S.)
1984年から1996年までバーナーディン枢機卿の助手を勤めた。
現在、シカゴのカトリック神学連合でバーナーディン枢機卿の神学と司牧センターのディレクター。ジェ

レミー・ラングフォード(Jeremy Langford)
Sheed and Ward出版社の編集長で、『やすらぎの贈り物』などバーナーディン枢機卿の作品集や写真集の編集を担当。

訳者:
廣戸直江(ひろど なおえ)
聖心会会員。1930年、オーストラリアのシドニーに生まれる。聖心女子学院、聖心女子大学と聖心女子専門学校で英語と宗教を40年教える。そのかたわら、近年は同時通訳(宗教関係)とNGO活動に参加している。
主な訳書:『この杯が飲めますか?』『平和への道』(両書とも、ヘンリ・J・M・ナウウェン著、聖公会出版)などがある。
Top