会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

あなたにとって神とは? ―神は神頼みの神か 苦難の中の光か

東日本大震災、すべてを失い、荒涼とした被災地に立ちつくす人々―。「もし神がほんとうに愛なら?」切実なこの問いかけへの一つの答え。
型番 738
販売価格 1,404円(税込)
購入数



  • 森一弘

  • 四六判 並製

  • 192ページ

  • ISBN978-4-7896-0738-4

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行




東日本大震災、すべてを失い、荒涼とした被災地に立ちつくす人々―。「もし神がほんとうに愛なら?」切実なこの問いかけへの一つの答え、神についてのユニークな考察。

◎“Laudate”書籍の紹介:『あなたにとって神とは? ―神は神頼みの神か 苦難の中の光か』

初版発行:2014年6月30日
全国学校図書館選定図書

もくじ


まえがき

第一章 神頼みの神からの脱却
 1 「神頼みの神」の限界
   1 神は「はりぼて」?
   2 論理的矛盾
   3 「神頼み」の神とは
   4 「神頼み」の神との訣別、そして「独立独歩」
 2 「神はなんでもできる」という神理解に潜む問題点
   1 沈黙を貫く神
   2 災害は神の罰?
 3 天地創造の神は、創造後は直接介入を控える

第二章 人生の残酷さと、どう向き合ったらよいのか
 1 突如襲ってくる事故や災害について
   1 災害や事故との遭遇も、人生の一部
   2 災害や事故との残酷さ、非情さ
 2 災害や事故と、どのように向き合うか
   1 現代教育の偏り
 3 災害と事故がもたらす「苦」と「悲しみ」
   1 「苦」を直視する
   2 「悲しみ」を直視する

第三章 「怒る神」から「憐れみの神」へ
 1 人々の素朴な疑問と戸惑い
 2 聖書をどう受け取り、どう理解したらよいか―神理解に向けて
   1 もともとの聖書の担い手は、民衆だった
   2 苛酷な自然と残酷な歴史の中で
   歴史の中に働きかけてくる神
   「怒る神」の登場
   「怒る神」から「憐れみの神」へ

第四章 キリスト教に対する戸惑いと違和感
 1 日本人の背丈に合わない洋服
 2 西欧文化の衣
 3 ユダヤ民族の衣
 4 民族宗教の神からの脱皮―普遍的広がり

第五章 一神教の神の難しさと魅力
 1 日本人にはなじみにくい一神教の神
 2 歴史の中に消え去った多神教
 3 一神教の神の魅力
   1 人間を愛する神
   2 人間の主体性を重んじる神
   3 倫理や道徳など、生きる指針を与える神
   4 罪人を見捨てない神

第六章 遠藤周作の西欧世界との遭遇
    ―作品『留学』から『沈黙』へ、『沈黙』から『深い河』へ
 1 はじめに
   1 わたしと遠藤周作との出会い
   2 留学―フランス文学の研究から作家へ
   3 生涯をかけたテーマ
 2 西欧との遭遇―大きな壁の正体
   1 石の文化の世界の体験
   2 石の文化の特性―いのちとの溶け合い 交わり 委ね
 3自分の背丈に合わない洋服
   1 遠藤周作の決断
   2 『沈黙』による問題提起
   3 木の文化の世界の視点に立つとき
 4 踏み絵の中のキリストのまなざし
 5 深い河の流れへ
 6 結び

第七章 キリストがもたらした「福音」とは?
 1 「福音」という言葉を前面に―教会の姿勢の転換
 2 喜びをもたらす出来事の知らせとして―福音
 3 大国の軛からの解放としての福音理解
 4 キリストについての知的理解の限界と「福音」
 5 人間の飢え渇きに応えるキリストとの出会い

第八章 キリストがもたらした神理解の大転換と価値観・世界観の普遍性
 1 はじめに
 2 神の自己束縛の流れの中で、キリストの誕生
   1 アブラハムに対する神の誓い
   2 ダビデ王朝に対して
   3 バビロン捕囚の時期の「新しい契約」
 3 神理解の大転換
   1 罪人たちの血の流れを受けて
   2 罪人たちと交わる神
   3 人生の労苦と重荷を担う神
 4結び

著者紹介


著者:
森一弘(もり かずひろ)
1938年神奈川県生まれ。上智大学文学部哲学科卒業。
1967年ローマでカトリック司祭に叙階、1985年司教に叙階。
2000年まで東京教区補佐司教を務める。
その間、カトリック中央協議会事務局長を兼務。
現在財団法人「真生会館」理事長として講演活動、執筆活動、黙想指導などに携わる。
主な著書『大きな力に信頼して』『人の思いをこえて』『神のやさしさのなかで』(以上3点は電子書籍も発行)、近著『これからの日本のゆくえ―憲法改正問題を切り口として―福音の視点から』ほか多数。
Top