会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

靖国合祀取消し訴訟の中間報告〜信教の自由の回復を求めて

西山俊彦神父が父の靖国神社合祀取消し訴訟を起こしてからの、靖国神社との戦いの経過。
型番 4-8056-8712-6
販売価格 2,106円(税込)
購入数



  • 西山俊彦 著

  • B6判 並製

  • 390ページ

  • ISBN4-8056-8712-6

  • Cコード:C0016

  • サンパウロ


大阪教区司祭である西山俊彦神父が、父である故西山忠一氏が靖国神社に合祀されたことを知り、靖国神社合祀取消し訴訟を起こした。
靖国神社との交渉のやりとりと経過を報告する。

初版発行:2006年10月10日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。ご了承ください。

もくじ


―西山俊彦神父の靖国合祀取消訴訟提訴にあたって―  松浦悟郎司教

―はじめに―
第一章 靖国神社との交渉開始
第二章 「取消し拒否」から地裁提訴へ
第三章 大阪地裁への提訴
第四章 靖国問題の理解のために
第五章 一体、合祀取消しは可能でしょうか
第六章 神社参拝(合祀)についてのカトリック教会の現行姿勢
第七章 追慕と顕彰、個人と国家
− おわりにかえて −

(資料編)
第一部 霊璽簿からの氏名抹消等請求事件『訴状』
第二部 霊璽簿からの氏名抹消等請求事件『甲1〜7号証』
第三部 関連書簡・文書
第四部 靖国神社関連事項略史

著者紹介


著者:
西山俊彦(にしやま としひこ)
1935年 酒田市に生まれる。
1961年 司祭叙階
1965〜87年 英知大学教員、以後、平和研究・運動に専念。
所属 「シナピス(大阪教区『正義と平和』協議会)」、「日本平和学会」、他。

著書:
『宗教的パーソナリティの心理学的研究』(大明堂、1985)、『カトリック教会の戦争責任』(サンパウロ、2000)、『カトリック教会と沖縄戦』(サンパウロ、2001)、『一極覇権主義とキリスト教の役割』(フリープレス、2003)、『カトリック教会と奴隷貿易』(サンパウロ、2005)

論文:
「平和学の創造」(1987)、「持続可能な開発原理の二律背反性と普遍的秩序(平和)構築原理としての不可欠性」(1996)、「私的所有権の不条理性」(1999)共に『平和研究』、他。
Top