7月23日(月)から7月25日(水)まで職員研修のため、誠に勝手ながら臨時休業とさせていただきます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

ヨハネ共同体の神学とその史的変遷〜イエスの愛した弟子の共同体の軌跡〜

20世紀におけるヨハネ研究の名著がついに邦訳。ヨハネ共同体は果たしてキリストの教会なのか? 初代教会の神学史を読み解く。
型番 978-4-902211-32-0
販売価格 3,456円(税込)
購入数



20世紀におけるヨハネ研究の名著がついに邦訳。ヨハネ共同体は果たしてキリストの教会なのか? 初代教会の神学史を読み解く。

ヨハネの教会はキリストを信奉するユダヤ人の共同体であったが、サマリア人のグループや異邦人改宗者を取り込みながら発展していった。しかしその共同体の内部にはキリスト論に対する意見の対立が生まれ、やがては内部分裂して二派(ヨハネの手紙の著者を支持しエルサレムの教会に同化していくグループと、グノーシス主義に転じていく分離主義者のグループ)に分かれていくことになったのである。(監訳者「あとがき」より)

初版発行:2008年7月18日

もくじ


 はじめに
序 ヨハネの教会論の識別についての問題点と方法

第1段落 ヨハネ福音書成立以前
 ヨハネ共同体の起源
 起源となったグループとより低いキリスト論
  A.ヨハネのキリスト者共同体の起源となったグループに関する論述
  B.イエスに愛された弟子の役割
 第2のグループの加入とより高いキリスト論
  A.ヨハネ共同体における第2のキリスト者にグループについて
  B.結果的に生じた「ユダヤ人」との衝突
  C.より高いキリスト論
  D.ヨハネ神学の必然的帰結
  E.初期段階の神学との連続性
 異邦人とより重要な万人救済論者としての見解

第2段階 ヨハネ福音書が書かれた時期
 ヨハネ共同体と外部者との関係
 福音に見られる不信仰者
  グループ1 世
  グループ2 ユダヤ人
  グループ3 洗礼者ヨハネの信奉者
 ヨハネ福音書に見出される他のキリスト者
  グループ4 隠れキリスト者(会堂にいたユダヤ人キリスト者)
  グループ5 不適切な信仰を持ったユダヤ人キリスト者
  グループ6 使徒継承の教会のキリスト者
 ヨハネ共同体は一つの分派(セクト)であったのか

第3段階 ヨハネの手紙が書かれた時期
 ヨハネ共同体の内部抗争
 ヨハネの手紙から想像される共同体の生活状況
  A.ヨハネの教会
  B.ヨハネ学派
  C.ヨハネ共同体の内部分裂
 論争の領域
  A.キリスト論
  B.倫理観
  C.終末論
  D.聖霊論

第4段階 ヨハネの手紙が書かれた後
 ヨハネ共同体の崩壊
 2世紀における第4福音書の歴史
 分離主義者と2世紀の異端
 ヨハネの手紙の著者の支持者と大教会
 考察

付録
 チャート1 ヨハネ共同体の歴史
 チャート2 第4福音書に見られる、ヨハネ共同体以外のさまざまな宗教的グループ
 付記1 最近のヨハネ共同体の歴史の再構成研究について
 付記2 第4福音書における女性の役割


訳者あとがき
監訳者あとがき
関連項目別検索
聖書学者別文献索引

著者紹介


著者:
レイモンド・E ・ブラウン(Raymond E. Brown)
1928年 ニューヨークに生まれる。
1953年 司祭叙階。
1959年から71年までバルチモアのセント・メアリ神学校の聖書学教授をつとめる。
1973年にはローマの教皇庁聖書委員会の委員の一人に指名された。
世界でも有数の新約聖書学者で古代史家。
邦訳著書:
『聖書についての101の質問と答え』『降誕物語におけるキリスト』『キリストは近づいている』『キリストの復活』(女子パウロ会)
Top