6月30日(金)誠に勝手ながら臨時休業とさせていただきます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

祈りのとき

神の子が幼子となり降誕したことを祝う季節こそ、わたしたちも幼子の心に立ちかえり、創造主である父なる神に祈ることが大切ではないでしょうか。
型番 755
販売価格 1,404円(税込)
購入数




教皇フランシスコは、世界中の人々に“創造主への賛歌”を呼びかけておられます。世界のあちこちで、天災・人災が頻発し、わたしたちは不安の中に生きています。科学の発達によって、人間は誕生や寿命まで操作し、これまでにはなかった新しい物が次々に開発され、自分たちで何でもできるというおごりに知らず知らずのうちに支配されて、未知の神秘の世界を発見できなくなっているのではないでしょうか。
キリストの降誕を祝うこの季節、創造主であり父である神に心を向けて人間にとってもっともたいせつな祈りの心を育んでいけたらと願って、いもとようこさんに『祈りのとき』を描いていただきました。幼い子どもたちの心に、物よりも大切なものに向かう心が育まれていくことを願って……。

初版発行:2015年10月1日

著者紹介


絵と文:いもと ようこ
兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学卒業後、教員生活を経て絵本の世界に入る。独自の貼り絵手法の暖かな絵は広く親しまれている。1985年『ねこの絵本』1986年『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童書展エルバ賞、1987年『うたの絵本(1)』で同展グラフィック賞受賞。女子パウロ会から『はりねずみのピックル』『くまじいちゃんのクリスマス』『マザーテレサ愛のことば』『ノアのはこぶね』他多数。

訳:
ピーター・ミルワード(Peter Milward)
1925年ロンドン生まれ。1943年ウインブルドン・カレッジ卒、イエズス会入会。
1954年オックスフォード大学卒業後来日。1960年司祭叙階。
1962年より上智大学で教鞭を執る。シェイクスピア学者。『英文学とカトリシズム』『童話の国イギリス』など著書・訳書多数。
Top