8月13日(月)から8月15日(水)まで夏季休業期間とさせていただきます。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

青年と読む マルコによる福音

初めてキリスト教に触れる人にはわかりやすい入門書、信者にとっては自分を振り返り、信仰を深めるきっかけをつかむ一冊。
型番 978-4-88626-600-2
販売価格 756円(税込)
購入数



  • 溝部脩 著

  • 新書判 並製

  • 254ページ

  • ISBN978-4-88626-600-2

  • Cコード:C0216

  • ドン・ボスコ社


長年、若者と共に歩んできた著者・溝部司教が2年をかけて青年と読み解いたマルコ福音書の講座をまとめました。初めてキリスト教に触れる人にはわかりやすい入門書、信者にとっては自分を振り返り、信仰を深めるきっかけをつかむ一冊です。

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに10日から2週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


はじめに
第1部 イエスはどういう方か
 序 神の子イエス・キリストの福音の始まり
 1 荒れ野と街
 2 あなたは呼ばれている
 3 言葉は人を変える
 4 人と向き合う
 5 古いもの、新しいもの
 6 小さいことを大切に
 7 わたしの家族とは
 8 奇跡
 9 すがる
 10 宣教するとは
 11 一緒に食事する
 12 人を汚すもの
 13 イエス、孤独の中で開眼
 14 キリスト教は全世界に広がる宗教
第2部 イエスの神秘の啓示
 15 わたしは宣言する
 16 彼に聞け
 17 祈る
 18 弟子たちの凡庸さ
 19 結婚と離婚
 20 教会に奉仕する若者
 21 躍りあがってイエスのもとに来た
 22 実らないいちじくの木、廃れる神殿
 23 捨てた石が隅の親石となった
 24 死者の復活
 25 皇帝への税金
 26 この世は終わる
 27 「この女」と言われる女性
 28 裏切り
 29 受難物語
 30 最後の晩餐
 31 イエスの死の証人たち
 32 女たちも逃げた

著者紹介


溝部脩(みぞべ おさむ)
カトリック高松教区名誉司教、京都「望洋庵」庵主。
1935年生まれ、64年イタリアにて司祭叙階。
ローマ教皇庁立グレゴリオ大学史学部博士課程修了後、上智大学文学部日本史学科博士課程修了。
2000年、カトリック仙台教区司教、04年、高松教区司教を経て、12年司教引退後、カトリック西陣教会で「望洋庵」を立ち上げ青年への司牧に努める。
Top