会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

着床前の段階のヒト胚〜科学的側面と生命倫理学的考察〜

教皇庁生命アカデミーがヒト胚をテーマに開いた第12回総会(2006年)の大会の内容を一般向けに要約・編集したもの。
型番 978-4-87750-141-9
販売価格 1,296円(税込)
購入数



  • 教皇庁生命アカデミー 著

  • 秋葉悦子 訳

  • A5判 並製

  • 56ページ

  • ISBN978-4-87750-141-9

  • Cコード:C0016

  • カトリック中央協議会


バチカンにおける超国家的学術研究機関である生命アカデミーが、ヒト胚をテーマに開催された2006年の年次大会のおもな内容を編集。
専門的な発生生物学の最新知識を平明に解説した上で、初期胚の人格を否定するさまざまな見解に対し、実体論の立場から明確な人格概念を提示し、道徳的観点からは存在論とはかかわりなく、ただ人が存在しているという単純な事実のみで人格の尊厳を尊重し保護する十分な理由があることを論証している。

初版発行:2008年9月8日

もくじ


凡例

まえがき
序論
科学的側面
  受精のプロセス
  胚の発達軸の設置
  母の子宮に着床する前の胚の発達
  母と胚の対話および着床の準備
  出生前診断と着床前診断
生命倫理学的考察
  ヒト胚に関する生命倫理学の論争
倫理学的および法律学的考察

解説(秋葉悦子)

著者紹介


訳者:
秋葉悦子(あきば えつこ)
1958年 千葉県生まれ。
上智大学大学院法学研究所博士後期課程修了。
上智大学法学部助手、国立精神神経センター・精神保健研究所研究員などを経て、現在、富山大学経済学部経営法学科教授。
2004年より教皇庁生命アカデミー客員会員。

Top