会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

キリスト教とは何か4 神よ あなたも苦しまれるか

永遠であり、完全無欠である神がなぜ苦しまれるのか。神の愛し方の神秘についてわたしたちに問いかける。
型番 766
販売価格 1,296円(税込)
購入数



  • 粕谷甲一

  • 新書判 並製

  • 240ページ

  • ISBN978-4-7896-0766-7

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行



愛するとは相手の自由を尊重することです。しかし相手がその自由を使って自己崩壊していくとき、どのように介入したらいいのだろうか。―本文より

粕谷甲一講話集第四巻。堕落した息子を愛しぬいた一人の母親との出会いから、神も苦しまれたことを思う。神の愛し方の神秘についてわたしたちに問いかける。

初版発行:2016年2月5日

もくじ


第一章 神よあなたも苦しまれるか―神の愛し方の神秘
 1. はじめに
 2. 一人の母親との出会いから
 3. どのように愛の手を差しのべられるのか
 4. キリスト教の四不思議
 5. 裏切りをも貫く神の愛
 6. 傷つけられた愛の痛み
 7. 妻の不倫をゆるす預言者ホセア

第二章 宴とささげ―カーニバルの笑いと涙
 1. カーニバルの笑い
 2. 「利根河原」のお盆の思い出
 3. 灰の水曜日の根本精神
 4. 心のひだがシャープになること
 5. 不幸な笑い
 6. 今の時代の難行苦行

第三章 かたすみの人、聖ヨセフ―教会の守護者、臨終の支え
 1. “諸聖人の通功”とは
 2. 死に臨んで何を思い出すか
 3. “救い”への連帯性
 4. かたすみの人
 5. 保護者の精神
 6. 教会の守護者
 7. 臨終のときの支え

第四章 試金石について―飛躍と転落のあいだ
 1. 墓石の重さ
 2. しばりの中での献身
 3. 愛と義務のはざまで
 4. その“時”は神の掌中にある

第五章 ふっきれて つながること
 1. 誰とつながっているか
 2. 「すべての人をわたしに引き寄せる」
 3. 自分の本心にとどまること
 4. ふっきれるまでは時間がかかる
 5. 回心と洗礼は車の両輪

第六章 忘れな草―キリストの思いとしるし
 1. 心としるしのつながり
 2. 罪の重さと償いの関係
 3. キリストの思いと心
 4. 難民のP君が開いた感謝の宴
 5. 教会の完成像

第七章 正しく生きれば幸せになるか―せみの願い
 1. 暗中模索の中で
 2. 神と悪魔の賭け
 3. ヨブの試み
 4. 人は何によって満たされるか
 5. 自己への誠実と他者への献身

著者紹介


著者:
粕谷甲一(かすや こういち)
東京教区司祭。1923年インド、コルカタ市に生まれる。1944年受洗。1950年東京カトリック神学院入学。1951年インスブルックに留学。1957年スイスにて叙階。1959年帰国。アリの町教会で司牧。1961年真生会館館長。カトリック学生連盟指導司祭。1967〜1982年青年海外協力隊勤務。1995年〜NPO法人「芝の会」理事長。2011年2月帰天。
Top