会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

大浦天主堂物語

信徒発見から150年 こころの自由 ここに始まる
型番 978-4-88216-366-4
販売価格 2,700円(税込)
購入数



  • 脇田安大 著

  • B5判 並製

  • 200ページ

  • ISBN978-4-88216-366-4

  • Cコード:C0016

  • 聖母の騎士社


本書は、主に大浦天主堂創建と信徒発見から150年におよぶ長崎地区の動向をまとめた解説書として執筆した。教会内部の出来事を中心にしながら、その時代背景に触れることによって、日本や長崎の中での教会を描き出すよう努めた。(「あとがき」より)

初版発行:2016年1月15日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに10日から2週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


「大浦天主堂物語」発刊に寄せて
I 探訪 大浦天主堂
II 大浦天主堂と長崎教区の150年
  第1章 キリスト教の伝来から禁教へ
  第2章 日本の夜明けとNAGASAKIの息吹き
  第3章 フランス人神父、大浦天主堂を建てる
  第4章 大浦天主堂、7つの建設物語
  第5章 信徒発見と浦上四番崩れ
  第6章 こころの自由獲得とキリシタン復活
  第7章 日本人司教の誕生と世界大戦の時代
  第8章 被爆からの復興
  第9章 日本経済の成長と教会の発展
  第10章 新たなミレニアムを迎えて

  資料
  主要参考文献

著者紹介


著者:
脇田安大(わきた やすひろ)
1952年、三重県伊勢市生まれ。
名古屋大学経済学部を1976年に卒業後、日本銀行に入行し、
甲府支店、営業局、金融研究所、電算情報局、業務局、考査局、検査局等に勤務。
この間1985年に京都大学大学院非常勤講師(企業金融論)。
1999年に日本銀行長崎支店長。
2002年から(財)ながさき地域政策研究所理事長。
Top